Connect with us

Hi, what are you looking for?

MBC StarLeague

NATE MSL 2009 新規マップ公開

新シーズンに合わせた新しいスタイルのマップ

MBC GAMEは、22回目のMSLである『NATE MSL 2009』で使われる新しい公式マップを公開すると発表した。

既存の「ビザンティウム」(Byzantium)と「カルタゴ」(Carthage)は、一年以上使われ試合の固着化が訪れたと判断。新規マップの「オッドアイ」(Odd-eye)と「アルティメイタム」(Ultimatum)を制作し、今シーズンから使用することを明らかにした。

new maps

まず2人用の「オッドアイ」(Odd-eye)は、一つのマップの中に二つの大きな地形があるというコンセプトのマップだ。相手の本陣へ向かう二本のラッシュルートがあるが、ひとつは平地でもうひとつは丘と狭い道で形成されている。二つのラッシュルートは、それぞれメインユニットの移動経路と主要資源拠点であるという点で重要な意味を持っている。マップは全体的に資源が少なく防御より攻撃が有利なマップ構成であり、特にテランとザーグはマップの7時の中立地域にある2ガスマルチをめぐって熾烈な攻防が繰り広げられることが予想される。

もうひとつの「アルティメイタム」(Ultimatum)は一般的なマップのコンセプトに忠実にしたがって作られているが、資源の設定で型破りの変化が与えてある。本陣丘型4人用マップにしては、本陣ミネラルが9塊+749と非常に豊富だ。しかしミネラルが多い分、マップには4つの島マルチが存在する。地形自体は既存のマップと大きく違わないが、資源量が多く中盤から後半にかけて4島とそこへハラスを行うための各種族の輸送戦などが予想される。

情報元・・・FOMOS

1 Comment

1 Comment

  1. nazomen

    2009年12月8日 at 6:05 PM

    このMAPでPの復活を切に願います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.