Connect with us

Hi, what are you looking for?

ProLeague

新韓銀行プロリーグ08~09、決勝戦視聴率1位

mbcgame

視聴率調査機関や時間帯や調査基準がさまざまではありますが、『新韓銀行プロリーグ08~09』決勝戦の視聴率が1位を記録したとのことです。詳細は以下にまとめました。

TNSの調査ではMBC GAMEが1位、AGB Nielsenの調査ではongamenetが1位

TNSの調査によると、MBC GAMEで中継された『新韓銀行プロリーグ08~09』決勝戦1日目は、開始時間から終了時間までの全国13-25歳基準平均視聴率1.182%(占有率15.03%)を記録し、同時間帯ケーブル放送視聴率1位を達成したことを明らかにした。

決勝戦2日目も、エース決定戦でチョンミョンフン[Fantasy]vsイジェドン[Jaedong]が行われていた22時47分の瞬間最高視聴率が3.018%(占有率39.11%)を記録し、地上波を含めて1位を達成したことを明らかにした。また首都圏基準でも、1日目に首都圏13-25歳基準1.671%を記録し、地上波を含めて1位を記録した。

情報元・・・FOMOS

AGB Nielsenの調査によると、OnMedia系列のongamenetとSuperActionで同時中継された決勝戦で、2日目の開始時間から終了時間までの13-25歳男性のongamenet平均視聴率が0.95%(占有率15.48%)を記録し同時間帯視聴率1位、30代男性のSuperAction平均視聴率で0.51%を記録し同時間帯視聴率2位となった。

特にSK Telecomの勝利で終わるのか、Hwaseungがエース決定戦に持ち込むのかの分かれ道となったドジェウク[Best]vsソンジュフン[Lomo]の競技では、13-25歳男性の占有率が何と36.92%を記録した。

情報元・・・FOMOS

1 Comment

1 Comment

  1. kage0119

    2009年8月14日 at 12:11 AM

    こういう記事を見ると本当に国民的なスポーツなんだって思うなぁ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.