Connect with us

Hi, what are you looking for?

e-Sports

「革命家」キムテギョン[Bisu]、デビューから引退まで

Bisu

「革命家」というニックネームでeスポーツファンから愛されていたSK Telecom T1のキムテギョン[Bisu]が9日、正式に引退を宣言しました。2007年3月3日に開かれた『GOM TV MSL Season 2』でマジェユン[sAviOr]を倒し「3 .3革命」の波乱を引き起こしたキムテギョン[Bisu]は、3回連続『MSL』決勝進出、『MSL』3回優勝、『​​Pro League』シーズン最多勝などの記録を打ち立て高い人気を博しました。

 

デイリーeスポーツは、キムテギョン[Bisu]の変遷を写真でまとめてみました。若々しいデビュー当時から最近の試合での姿まで、キムテギョン[Bisu]の歩んできた道をひと目で思い出すことができるでしょう。

Bisu

キムテギョン[Bisu]は2005年、ハテギ監督率いるPOSの一員としてプロゲーマー生活を始めました。デビュー当初からイケメン芸能人を凌駕する「美貌」で、多くの女性ファンたちに愛されていました。公式戦を行う前、キムテギョン[Bisu]に初めてインタビューしたナムユンソン記者は、十代の頃に女性視聴者をメロメロにした俳優ソンチャンミンさんに似ていると評価し、「辛旽(シンドン)トス」が現れたと記事に書いたところ「袋叩き」に遭いました。「辛旽(シンドン)」というドラマでソンチャンミンさんが髪を短く切って美貌が失われたことを知らず、余計なニックネームをつけてしまったのです。

 

POSは1年後の2006年、MBC GAMEと手を組んでゲームチーム名をHEROという名前に変えました。MBC GAME HEROは新しいスタープレイヤーを誕生させなければならないという考えからイジェホ[Light]を押しましたが、ファンはキムテギョン[Bisu]のルックスにすでに魅了されていたのです。キムテギョン[Bisu]のルックスは年上の女性ファンたちの心をすでに掴んでしまい、それはまるで誰にも越えることのできない4次元の壁のようでした。

Bisu

2005年の新人ドラフトのときのキムテギョン[Bisu]の姿です。赤丸で記されている選手がキムテギョン[Bisu]です。色黒のイソンウン[firebathero]と同じ列に座っているので、真っ白な肌がより目立っています。キムテギョンの左側にいる選手は、攻撃的なプレイが印象深いザーグのハンサンボン[kwanro]、右側は今も現役で選手生活をしているユンヨンテ[Free]です。右上には、STX SouLのコーチとして『Pro League』でチームを優勝に導いたキムユンファン[Calm]の姿も見えます。

Bisu
Bisu

キムテギョン[Bisu]がスタープレイヤーの仲間入りをした2007年「3.3革命」の様子をご覧いただいています。『MSL』で5回連続決勝戦に進出したマジェユン[sAviOr](八百長のブローカーとされ永久除名)が再び優勝を狙いましたが、キムテギョン[Bisu]はコルセア・ダークテンプラーのプレイを披露し、3:0の完勝を収めました。プロトスがBo5でマジェユン[sAviOr]に勝利する確率は2.69%であると公開されたことがありましたが、キムテギョン[Bisu]はこの確率を実現させ「革命家」という呼称を手にしました。

 

キムテギョン[Bisu]はMBC GAME HERO所属として活動していたとき、『MSL』で3回連続決勝戦に進出しました。『GOM TV MSL Season 1』でマジェユン[sAviOr]を3:0で下して初優勝を果たし、Season 2ではSamsungのソンビョング[Stork]を3:2で下して連覇を達成しました。Season 3も決勝まで勝ち上がりましたが、当時Pantech EX所属のパクソンギュン[Mind]に敗れ、プロトス史上初の3回連続のメジャー個人リーグ制覇は失敗しました。それにもかかわらず、キムテギョン[Bisu]がプロトス最高の選手であることを否定する人はいませんでした。

Bisu

2008年2月、キムテギョン[Bisu]はチームを移籍しました。MBC GAME HEROからSK Telecom T1に新しく拠点を移したのです。2008年、SK Telecomはスタープレイヤーの不在という危機を迎えていました。チームを代表する選手であったイムヨファン[SlayerSBoxeR]が2006年に入隊し、2007年にチェヨンソン[iloveoov]とパクヨンウク[Kingdom]が関節異常を訴え、選手生活を続けるのは難しいという意思を表しました。結局2008年にSK Telecomは、チェヨンソン[iloveoov]とパクヨンウク[Kingdom]をコーチに任命しました。そして現役選手の中で一番スター性があると判断されたキムテギョン[Bisu]を獲得し、SK Telecom T1は名門のイメージを引き継がせようとしたのです。

 

キムテギョン[Bisu]の獲得は成功を収めました。『新韓銀行プロリーグ2008』ではプレーオフでOnGameNet SPARKYZに敗れる原因となったものの、秋に開かれた『Club Day Online MSL』で優勝し、SK Telecom T1にチェヨンソン[iloveoov]以来久々の個人リーグ優勝をプレゼントしました。

Bisu

2009年、キムテギョン[Bisu]はプロリーグでもチームの優勝に貢献しました。プロリーグ史上初めて1年単位のリーグで行われた『新韓銀行プロリーグ08-09』で、キムテギョン[Bisu]は勝ち星を加えてHwaseung OZを倒すのに貢献しました。初めて二日にかけて行われた決勝戦でチームメイトのチョンミョンフン[Fantasy]にMVPを奪われたものの、キムテギョン[Bisu]の勝利がなければSK Telecom T1がプロリーグの頂点に戻ることはなかったかも知れないのです。

 

その後もキムテギョン[Bisu]はトップクラスの活躍を繰り広げました。『新韓銀行プロリーグ10-11』でキムテギョン[Bisu]は、シーズン史上類を見ない63勝という勝利数を挙げました。チームの優勝は叶いませんでしたが、キムテギョン[Bisu]のシーズン最多勝の力は素晴らしいものでした。この記録は今も破られていません。

Bisu

個人リーグとプロリーグ両方で良い成績を収めたキムテギョン[Bisu]は、SK Telecom T1とeスポーツ界を代表するスタープレイヤーとなりました。eスポーツ専門メディアのみならずさまざまなメディアでインタビューを行い、「花より美しいルックス」と「驚くべき成績」を誇りました。「テクベンリッサン(TBLS)」という言葉が誕生したときに、キムテギョン[Bisu]が一番前にいた理由はルックスのおかげであるとする説もありましたが、実際のキムテギョン[Bisu]は実力でルックスを支えながら、ルックスと実力の格差がないことを証明したのです。

Bisu

『SK Planet Pro League Season 1』のときの写真です。StarCraft:BroodWar(以下SC1 )で静かに行われた最後のプロリーグでした。キムテギョン[Bisu]はエースマッチに出場し、KT Rolsterのエース・イヨンホ[Flash]を相手に完璧な実力を披露してSK Telecom T1にSC1プロリーグの最後の優勝をもたらしました。MVPもまた、キムテギョン[Bisu]のものでした。

Bisu

その後キムテギョン[Bisu]は、SC2を並行しながら崩れ始めました。SC1とSC2の並行シーズンであった『SK Planet Pro League Season 2』で、SC1では無敵であることを誇っていましたがSC2は連敗の泥沼に陥り、シーズン終盤になってようやく初勝利を挙げる姿を見せました。そして1年後の2013年9月9日に引退を宣言し、プロゲーマーという肩書きを下ろしたのでした。

 

[デイリーeスポーツ ナムユンソン記者 thenam@dailyesports.com]

リンク

Daily eSports – ‘혁명가’ 김택용, 데뷔부터 은퇴까지

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.