Connect with us

Hi, what are you looking for?

GomTV League

2011 GSL Mar. Code-A 優勝 ファンガンホ[LosirA]、「昇格後Code-S優勝も狙いたい」

掲載がおそくなり大変申し訳ありません。以下記事訳です。

Code-A予選を通過したときにした約束が守れてうれしい

3月11日午後、GOM TV 木洞(モクトン)スタジオで開かれた『Intel 2011 GSL Mar. Code-A』決勝戦で、ファンガンホ[LosirA](Z)がキムヨンジン[SuperNova](T)を4:3で破った。

優勝を果たしたファンガンホ[LosirA]は、「Code-A予選通過したときにした約束が守れてうれしい」と感想を述べ、「必ずCode-Sに昇格して、Code-S優勝も狙いたい」と抱負を語った。



-優勝を果たした感想は。
本当にうれしい。今回の予選通過後のインタビューで、Code-Aで優勝して入れ替え戦に進出してCode-Sに行きたいと話したのだが、その約束が守れてうれしい。錚々たる選手の間で守ることができたので、よりいっそううれしい。

-相手が一番最近StarCraft1から転向したスーパールーキーだったが。
僕はStarCraft1から転向するときに種族を変えたが、相手は転向しても種族はそのままだった。もともとやっていた種族だからか、本当に上手かった。それで試合がより面白くなりそうだと思っていた。素晴らしい試合をするために、ベストを尽くして準備した。

-今日の試合のコンセプトは何だったか。
練習のときのようにやれば必ず勝てるという考えだった。戦闘と圧倒的な物量など練習したとおりに試合が運びさえすれば、充分勝てるという気持ちで競技場に来た。

-2セット続けて勝ってから、2セット続けて負けた。心理的にプレッシャーはなかったのか。
心理的なプレッシャーは本当に大きかった。気持ちを落ち着かせようとしたが、動揺するのはどうしようもなかった。最大限、練習のようにやろうと努力した。

-どの試合が一番キツかったか。
第6セットの < Terminus RE > が一番キツかった。テランが有利なマップだが、次のマップも < Crevasse > でテランが有利なので、この試合に負けたら残りの試合も難しくなるという気持ちで試合に臨んだ。

-マップの有利不利がひどいのか。
その通りだ。 < Crevasse > の制作に関与した人が僕にいろいろ聞いてきて、バランスを合わせる努力をしていたようだ。これからもこのような形でマップバランスが合っていけばいいと思う。

-いつ優勝を予感したか。
第7セットで最初のラッシュを防いだとき、五分五分だと思った。 < Crevasse > はテランにとってとてもいいマップだからだ。でも僕の使ったオーダーは、完成さえすれば爆発的な物量が可能な必勝オーダーだ。一種の必殺技だった。オーダーが完成してから勝利を予感した。だから第1セットのときにはわざと見せなかった。

-思い通りにグループを編成したが、どんな入れ替え戦になりそうか。
本当に一生懸命頑張って、必ずCode-Sに昇格したい。面白いゲームになりそうだ。相手選手たちには申し訳ないが、僕が必ず勝ちあがってみせる。

-ソミョンドク[Banbans]を指名した特別な理由はあるのか。
Code-Aでうちのチームのパクギョンラク[Junwi]選手がソミョンドク[Banbans]選手と試合したとき、本当に一生懸命応援したがパクギョンラク[Junwi]選手が負けてしまいとても心が痛かった。だから必ず復讐したい。

-最後に言いたいことは。
練習を手伝ってくれたTSLのハンギュジョン[Clide]選手、イホジュン[PuMa]選手、SlayerSのムンソンウォン[M]選手、STARTALEのチェジソン[Bomber]選手、みんなありがとう。
4人とも自分の練習のように手伝ってくれた。練習していて、本当に一生懸命手伝ってくれているということを肌で感じるほどだった。彼らがザーグ戦を準備するときは僕もベストを尽くして手伝いたい。練習の時に感じたこの4人の実力は最高だった。これからもみんなが上手くいくといい。
そしてうちのチームにはまだデビューしていないけど強い選手が大勢いるので、良いスポンサーが見つかるといい。僕はこれからが始まりだと思っている。必ずCode-Sに進出して、Code-S優勝を狙いたい。

情報元・・・THIS IS GAME

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.