Connect with us

Hi, what are you looking for?

ProLeague

新韓銀行プロリーグ10~11 チーム順位表(R2終了時点)

新韓銀行プロリーグ10-11、第2ラウンド5週目が終了しました。これで第2ラウンドの全日程を終えました。第3ラウンドは2011年1月8日(土)から開始されます。

第2ラウンドは何といっても、hite Entusの躍進が最も印象的でした。今週27日(月)には、KT Rolsterに4-1で勝利、7連勝を達成し、一時は1位SK Telecom T1と同率1位にまで上り詰めました。しかし第2ラウンド最終日にMBC GAME HERO戦で2-4で敗北、連勝に終止符を打たれ、惜しくも2位で第2ラウンドを終えました。

hite Entusの連勝を支えたのは、シンサンムン[Leta]選手、シンドンウォン[Hydra]選手でしょう。シンサンムン[Leta]選手は、27日(月)KT Rolster戦でイヨンホ[Flash]選手に負け、連勝記録を10でストップされてしまいます。シンドンウォン[Hydra]選手はさらに勝ち数を伸ばし、第2ラウンド負け無しの現在10連勝中です。第1ラウンドでキムテギョン[Bisu]選手が達成したラウンド全勝を、第2ラウンドではシンドンウォン[Hydra]選手が達成しました。

SK Telecom T1は、第2ラウンド中盤で勢いがやや失速、4連敗に苦しみました。一時はhite Entusに同率1位にまで迫られたものの、今週MBC GAME HERO、Hwaseung OZを撃破し連敗を食い止めました。これで第2ラウンド4勝5敗とし、第1ラウンドの9戦全勝から見るとやや負けが先行したものの、単独1位の座を守り通しました。

連敗が止まらないWoongjin STARSは、26日(日)Wemade FOX戦で待望の1勝を上げ、不名誉な7連敗からの脱出に成功します。このまま連勝で第2ラウンドを終えたいところでしたが、28日(火)STX SouL戦では3-2と一時はリードしながらも、結局3-4で逆転負けを喫し、第2ラウンドは1勝8敗という10チーム中最低の結果になってしまいました。

Airforce ACEは第2ラウンドを5勝4敗と、4-6位チームと同じ水準の勝ち数を上げています。前シーズンでは連戦連敗でしたが、もはや無視することの出来ないチームでしょう。イソンウン[Firebathero]選手が7勝6敗、キムギョンモ[GGaemo]選手が11勝8敗と、ニューフェイスがチームをリードします。

多数勝順位では、キムテギョン[Bisu]選手が17勝2敗で2位へ浮上します。そしてシンドンウォン[Hydra]選手が順位をさらに1つ上げ、4位にやってきました。
10-11シーズンは第3ラウンド、第4ラウンドの2ラウンドが勝者連戦方式のウィナーズリーグとして運営されます。通常ラウンドでは1日2勝が限度となりますが、ウィナーズリーグでは1日最大4勝が可能です。多数勝順位にも大きな変化が訪れそうです。

以下順位表です。先週の順位表はこちらから、第1ラウンド終了時点の順位表はこちらからどうぞ。

プロリーグ チーム成績表(第2ラウンド終了時点)

プロリーグ チーム順位推移表(第2ラウンド終了時点)

プロリーグ 個人成績表(第2ラウンド終了時点)

順位 選手名 勝率
1 イヨンホ[Flash](T) 18 2 90%
2 キムテギョン[Bisu](P) 17 2 89%
3 イジェドン[Jaedong](Z) 17 6 73%
4 シンドンウォン[Hydra](Z) 14 6 70%
5 イヨンハン[Shine](Z) 12 3 80%
6 シンサンムン[Leta](T) 12 6 66%
6 チョンテヤン[Baby](T) 12 6 66%
8 ソンビョング[Stork](P) 12 7 63%
9 ヨムボソン[Sea](T) 12 8 60%
9 チョンミョンフン[Fantasy](T) 12 8 60%
1 Comment

1 Comment

  1. 匿名

    2010年12月31日 at 8:40 PM

    シンドンウォンとシンサンムン。
    どちらが新しいHiteのエースとなるのか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.