Connect with us

Hi, what are you looking for?

PC企業/製品

『BlizzCon 2010』で発表された新情報まとめ、トーナメント優勝はチョンミンス[NEXGenius]に

blizzcon

現地時間で10月22日から23日まで開催されたBlizzard Entertainmentのファンイベント『BlizzCon 2010』で、カリフォルニア州アナハイムのAnaheim Convention Centerは熱気に包まれた。日本でも数多くのBlizzardファンが、RTSの対戦ステージやWoWの拡張版、Diablo IIIの新情報に釘付けとなった2日間でした。

Masterリーグと、Grand Masterリーグが追加?

現在『StarCraft II: Wings of Liberty』マルチプレイモードの目玉となっているラダーリーグシステムだが、5つのリーグ(ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイアモンド)が存在し、それぞれに全体の20%ほどのプレイヤーがその実力に応じて振り分けられている。今回『BlizzCon 2010』のDevelopment Stageで、これらに加えて新リーグとなる『MasterリーグとGrandMasterリーグ』の追加が検討されていると発表された。

『Masterリーグ』はダイアモンドリーグの中でも上位5%ほどが進出可能なエリートリーグとなるだろうとの発表。さらに『Grand Masterリーグ』は各サーバーごとの上位200名(これはほぼ毎週公式よりランキングが公開されている)のみとなる超エリートリーグだ。この最上位リーグに君臨し続けることが出来ればプロゲーマー挑戦を考えても良いのかもしれない。

これら実装のタイミングでラダーリセットがかけられ、次のラダーシーズンが始まると予想されるが、その具体的な時期は発表されていない。なお、このタイミングでユーザープロフィールページにおけるUIの改善や細かなアップデートも同時実装される見通しだ。

待望のチャット機能実装は間近

さらにSC2バランスチームが現地観客に発表したところによると「チャットチャンネル機能は1~2ヶ月、今年中に実装されるだろう」ということだ。筆者を含めこれの実装を待ち望んだファンは多いことだろう。日本国内のファンはチャット未実装の影響で IRC 等を使ったコミュニケーションを多用しているが、チャットチャンネルの実装により BattleNet 内でより多くのユーザーとコミュニケーションをとることが出来るでしょう。

そしてSC1ファンにとっては常識だった「複数人でリプレイ鑑賞」も実装予定ということだ。意外なことにSC1よりも新しいWC3には実装されていなかったこの機能、リプレイ機能大幅強化によって技術的な問題があるのか懸念されていたが、実装予定ということで一安心といったところでしょうか。「夜中にチャットしながら、ゲームする元気はないけれどみんなでリプレイを鑑賞し合う。」というのはSC1信者にとってあるあるネタすぎて実装が待ち遠しいところです。

トーナメント優勝はチョンミンス[NEXGenius]選手

8カ国から強豪だけを選りすぐったこともあり、圧倒的な迫力を誇ったRTSトーナメントステージ。一度は中国のLoner選手に敗れたものの、敗者ブラケットから見事リベンジを果たし優勝したのは韓国のチョンミンス[NEXGenius]選手。続編が出たといってもさすがのお家芸です。このトーナメントの試合はリプレイが公開されていますので、リンク先よりチェック必須です。スペシャルイベントとして大いに盛り上がり、GSLよろしくBlizzCon配信回線にも負荷をかけたイムヨファン[BoxeR]選手とキムウォンギ[Cool]選手の試合模様も同じくリンク先に掲載しておきます。

リンク

StarCraft II – StarCraft II Secrets of the Masters
GosuGamers.net – BlizzCon: The Devs have spoken
BlizzCon 2010 – トーナメント結果&リプレイ

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.