Connect with us

Hi, what are you looking for?

e-Sports

プロリーグ 10-11シーズン、10月16日に無事開幕か?

proleague

韓国最大のe-Sportsメディア『FOMOS』が報じたところによると、次期プロリーグが10月16日開幕に向けて調整中ということです。ご存知の通り、韓国e-Sports協会(KeSPA)とGretech及びBlizzard Entertainmentは『StarCraft: BroodWar』の知的財産権を巡って衝突しており、度重なる交渉の末に決裂。一部リーグ(MSL2010シーズンとSTX Cup)は問題解決待たずして強行開催された。

韓国e-Sports業界関係者によると次期プロリーグは、10月16日開催を目指して準備されている模様だ。これは知的財産権の問題を金銭的に解決する糸口が見つかったからという理由で、現在は放送局の選定やプロゲーム団とのスケジュール調整を進めている状態のようだ。韓国e-Sports協会『KeSPA』とGretech GomTVの仲介をしている、韓国コンテンツ振興院の代表によると「秘密保持契約(NDA)が締結された状態で、どちらか一方の意見だけが一人歩きすることにより誤解や問題の元凶になる可能性があるので、両者共に現段階では公式的な立場表明は控える」と語っており、詳しいことは依然闇の中である。

今回の騒動で最大の問題とされていた『知的財産権の尊重』を金銭的な手段で解決するということで、一連の騒動は解決に向かい最悪の事態は避けることが出来そうだ。ただ引き続き細かい部分での交渉は進行中であり、10月16日開催という目標は多少ズレこむ可能性は十分にある。もっとも、いままでの報道からも分かるようにKeSPAとGretech(Blizzard)の関係は冷え切っており、この交渉がいつ暗転してもおかしくないのは変わらない。次期プロリーグ開催の合否は大きな転機となるでしょう。

リンク

fomos.kr – ソース

1 Comment

1 Comment

  1. 匿名

    2010年10月1日 at 1:18 PM

    もうSC1はKespaの好きにさせりゃいいのに
    莫大な利益とSCシリーズの知名度はKespa有ってのものだろうに、まだ搾り取ろうというのか

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.