Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft: BroodWar

Hwaseung OZチョジョンウン監督、自主引退

Hwaseung OZは9月3日「チョジョンウン監督が再充電する機会を取りたいと、契約終了を希望する旨を事務局へ申し入れた」と発表した。

Hwaseung OZはチョジョンウン監督に、契約終了までチーム運営をして欲しいと打診していたが、チョ監督の意志は固く、Hwaseung OZ事務局は彼の退職を受け入れた。今後はハンサンヨン監督代行がチーム運営を引き継ぎ、突然のニュースに落ち込むチームの雰囲気を立て直す。

ハンサンヨン監督代行は、2006年創立以後現在まで、イジェドン[Jaedong]、クソンフン[HiyA]、パクジュノ[Killer]選手らと共に2007年プロリーグ後期優勝、総合チャンピオン戦優勝など、チーム育成に大きな役割を果たしてきた。Hwaseung OZは、ハンサンヨン監督代行と優勝を目指していく事になった。

一方、チョジョンウン監督は、Hwaseung OZの前身であるPlus時代(2004年)からチームを導いてきた名将のうちの一人だ。オヨンジョン[Anytime]、イジェドン[Jaedong]などのスター級選手を育て、2007年にはプロリーグ優勝を果たした。

ソース:TL.net / FOMOS

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.