Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft: BroodWar

イヨンホ[Flash]、脳検査結果「眼窩前頭皮質」活性化

カトリック大学聖母病院チョンヨンアン教授とともに実験

イヨンホ[Flash]の脳検査の結果、「眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ)」という領域の血流が他の選手と比べて活性化されていることが分かった。

Flash

KT Rolsterは2月25日、KBS 1TVの『科学カフェ』出演のため行われたイヨンホ[Flash]の脳検査結果を公開した。カトリック大学聖母病院のチョンヨンアン教授と行った今回の検査はブレインスペック(Brain spec、脳血流測定映像装置)で行われた。



一般ゲーマーはゲームをしながらさまざまな部位の脳を同時に使う一方、プロゲーマーは自分の必要な部分のみを使う傾向があることが分かっており、イヨンホ[Flash]の場合、前頭葉と側頭葉部分を効率的に使い、他のプロゲーマーと同様大脳辺縁系がより活性化していることが分かった。

また従来のfMRI装備を使って検査したプロゲーマーらには前頭葉の辺縁系が活性化されていることが分かったが、イヨンホ[Flash]はブレインスペックを使って検査した結果、「眼窩前頭皮質」という領域の血流が他の選手と比べて活性化されていることが確認された。

「眼窩前頭皮質」とは大脳皮質の前頭葉に当たる皮質領域であり、眼球付近に位置している。これは近い未来行動に対する結果を予想し、感情コントロールと衝動行為コントロールへ関与する脳の領域だ。これにより「眼窩前頭皮質」が発達しているということは、感情コントロールと状況対処能力が優れていることを意味し、このような人は危機に瀕したときの感情コントロールが上手く、瞑想を楽しむ人の脳もこのように発達していることが分かっている。

情報元・・・FOMOS

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.