Connect with us

Hi, what are you looking for?

OGN StarLeague

EVER スターリーグ 2009 組み合わせ指名式終了

11月20日に『EVER スターリーグ 2009』の組み合わせ指名式が行われました。スターリーグの指名式は毎回少し退屈な感じだったのですが、記事にある通り今回から指名方式を大幅に変更し、非常に面白い指名式に生まれ変わりました。

記事に書かれていない部分を補足すると、ムンソンジン[Type-B]選手が自分のグループにいるキムチャンヒ[Go.Go]選手をチョンミョンフン[Fantasy]選手に選んでもらうためのプレゼンとして、「キムチャンヒ[Go.Go]がいれば1勝確実、攻撃的な部分さえ抑えれば自然に優位に立てる」とマーケティング。しかし最終的にはトップシードのイジェドン[Jaedong]選手がキムチャンヒ[Go.Go]を指名し、結局キムチャンヒ[Go.Go]選手はグループAとなりました。キムチャンヒ[Go.Go]を指名した理由は、以前キムチャンヒ[Go.Go]選手の「イジェドン[Jaedong]程度なら勝てる」という内容のインタビューを見たことだそうです。

everosl

個人的に面白かったのは、エンディングで選手たちが自画像を描くところと、2部のオープニングの星占い。韓国に残る旧暦文化の影響と片付けるにはあまりにお粗末な「自分の正確な誕生日を知らない」ために占えなかったという選手が3名(パクミョンス[Yellow]、ムンソンジン[Type-B]、キムミョンウン[Zero])もいたことに驚きました。

以下、記事訳です。

開幕戦はイジェドン[Jaedong] vs パクジホ[Pusan]

『EVER スターリーグ 2009』のベスト16開幕戦は、イジェドン[Jaedong]とパクジホ[Pusan]の対決となった。

ongamenetは11月20日午後6時30分、龍山eスポーツ常設競技場で『EVER スターリーグ 2009』ベスト16の組み合わせ指名式を行った。

今回の組み合わせ指名式は、2002年7月5日『SKY 2002 スターリーグ』から7年間スターリーグの伝統となっていた指名方式を大幅に修正し、「抽選での選択と指名」方式に変更されて行われた。

シードである昨シーズンのベスト4進出者4名を除く12名の「抽選と選択」の行われた1部が終了した結果、グループAからグループDまでの4つのグループは特に死のグループなどは生まれず、比較的バランスのいい種族分布となった。

組み合わせ指名式のハイライトは2部のシード権者たちの指名だった。シード権者は事前に自分の指名した選手が書かれた「ゴールデンボール」を使用するか、1部の「抽選と選択」後に「ゴールデンボール」で指名した選手ではない他の選手を指名し他のシード権者と取引をする「事後指名」のどちらかを選んだ。

4番シードのムンソンジン[Type-B]は「ゴールデンボール」でキムユンファン[Calm]を選んでいたが「ゴールデンボール」を使用せず、グループCのパクセジョン[Pure]を自分のグループに連れてきて自分のグループにいたキムチャンヒ[Go.Go]を送るために取引を開始。これに対しグループCのシード権者チョンミョンフン[Fantasy]は、ムンソンジン[Type-B]の希望通りキムチャンヒ[Go.Go]を選んだ。

3番シードのチョンミョンフン[Fantasy]は「ゴールデンボール」でイヨンハン[Shine]を指名していた。チョンミョンフン[Fantasy]は「ザーグの難易度を下げたい」とし、「ゴールデンボール」を使用。グループAのイヨンハン[Shine]を自分のグループのキムユンファン[Calm]とチェンジした。

昨シーズン準優勝を果たした2番シードのパクミョンス[Yellow]は「ゴールデンボール」でパクセジョン[Pure]を選択しており、パクセジョン[Pure]を自分のグループに合流させ、イヨンホ[Flash]をグループDへ送った。

jaedong

唯一「ゴールデンボール」でも「事後指名」でもすべての選手を指名することができるトップシード権者イジェドン[Jaedong]の「ゴールデンボール」はキムチャンヒ[Go.Go]。最後の指名権を持つイジェドン[Jaedong]は、「ゴールデンボール」を使用しキムチャンヒ[Go.Go]を自分のグループに合流させ、代わりにキムユンファン[Calm]をグループCへ送り、組み合わせ指名式が終了した。

これにより『EVER スターリーグ 2009』ベスト16のグループ編成は、3番シード・チョンミョンフン[Fantasy]のグループCに、昨シーズンMSL優勝者キムユンファン[Calm]、今回のスターリーグベスト36でキムテギョン[Bisu]に勝利したイヨンハン[Shine]、CJのエース・キムジョンウ[Effort]が編成され
いわゆる「死のグループ」が誕生した。また『バッカス スターリーグ 2008』の決勝戦で対戦したイヨンホ[Flash]とソンビョング[Stork]がグループDにともに編成され、注目を集めた。

組み合わせ指名式でベスト16のグループ編成が完了した『EVER スターリーグ 2009』は11月25日、イジェドン[Jaedong]とキムチャンヒ[Go.Go]の開幕戦を皮切りに、毎週水曜日と金曜日の2回の試合でベスト8進出者を決める3週間のスケジュールに突入する。

EVER スターリーグ 2009 グループ編成結果

グループA
イジェドン[Jaedong](Z) パクジホ[Pusan](P) 
キムチャンヒ[Go.Go](T) ジンヨンファ[Movie](P) 

グループB
パクミョンス[Yellow](Z) パクセジョン[Pure](P)
キムミョンウン[Zero](Z) ジンヨンス[Hwasin](T) 

グループC
チョンミョンフン[Fantasy](T) キムユンファン[Calm](Z) 
イヨンハン[Shine](Z)  キムジョンウ[Effort](Z) 

グループD
ムンソンジン[Type-B](Z) ソンビョング[Stork](P) 
ハンサンボン[Kwanro](Z)  イヨンホ[Flash](T)

情報元・・・FOMOS

リンク

Part1


Part2

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.