Connect with us

Hi, what are you looking for?

MBC StarLeague

個人リーグ予選史上2度目のマップ順序ミスで棄権

2006年3次デュアルトーナメント予選でも似たような事態が発生

9月29日に龍山eスポーツスタジアム補助競技場で開かれた『2009 MSL Survivor Tournament SEASON2』で、マップ順序により選手が棄権する事態が発生した。

msl survivor

グループ16のキムミノ[Devil]はベスト8でパクデマン[Daezang]を相手に1敗のあと2連勝でベスト4に進出し、ベスト4でもパクテミン[GoRush]に再び1敗のあと2勝を記録し決勝戦まで進出した。問題はキムミノ[Davil]がマップ順序を間違えて競技を行った点。キムミノ[Davil]の競技を見ていたCJのチョギュナム監督は、勝敗がすでに確定した状況にも関わらず、所属チームの選手がマップを間違えたことを確認し、これを審判に報告した。

その後審判陣とチョギュナム監督はこれについて話し合い、チョギュナム監督は「うちのチームの選手が勝利したが、マップ順序を間違えてしまったのでベスト8から再競技をするのが正当だ」と話したが、協会審判陣は「ベスト8で第1セットのマップは正しく行われたので1敗は認め、第2セットから正しいマップで再競技を行う」と判定した。

チョギュナム監督は審判陣の判定を不服とし棄権を宣言、キムミノ[Davil]にベスト8で負けたパクデマン[Daezang]とベスト4で負けたパクテミン[GoRush]が復活し、ベスト4で対戦した。

個人リーグ予選で選手がマップを間違えて棄権したのは今回が2度目。2006年11月15日に開かれた『OGN 2006年 3次デュアルトーナメント予選』のグループ11のベスト8で、チュヒョンジュン[Memory]がジンヨンス[Hwasin]を相手にマップを間違え、競技を行った後に棄権を宣言した。

情報元・・・FOMOS

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.