Connect with us

Hi, what are you looking for?

e-Sports

2009年下半期プロゲーマー定期/素養教育終了

1日は現役プロゲーマー対象、2日は新規選手対象で実施

韓国eスポーツ協会は9月1日、2009年下半期プロゲーマー定期教育を行った。9月1日の定期教育は既存のプロゲーマーが参加し、ソウルサイバー大学チャイコフスキーホールでStarCraft、Special Forceなどすべてのプロゲーマーが参加した。

この日行われた定期教育は、最近流行している新型インフルエンザに備え、開始直前に選手ひとりひとりの体温検査を実施した。これはもしものときの危険を防止するための処置であり、11時から行われる予定であったのが30分ほど遅延した。

午前には1992年バルセロナマラソン金メダルの主役であるファンヨンジョ監督の教育が行われ、選手たちも関心を持って講義を受ける姿が見られた。その後昼食を取り、午後はチョンホウォンストレッチ講師の指揮のもと、楽しいストレッチ教育を受けた。続けてユンヨンギル博士の教育が行われ、‘Dream Builder’というテーマで行われたMBC GAMEのイサンウォン次長の教育が最後に行われた。

選手たちは、休み時間の合間に普段なかなか会えない選手たちと会話を交わす姿も見られ、定期教育は午後6時ごろ終了した。

今回の定期教育では内部事情で不参加だった空軍の選手たちを除くすべてのプロゲーマーが参加し、空軍の選手たちは後に補修教育を受ける予定だ。また2日には協会地下講堂にて、ドラフトで新しく選抜されたプロゲーマーたちを対象に素養教育が行われた。

情報元・・・FOMOS

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.