Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft: BroodWar

e-STARS SEOUL 2009 Starcraft Heritage 第4日目

7月21日に行われたHeritage四日目の試合。どれも注目の試合となるのですが、一番の見所としては、やはり第2試合でしょう。グループが発表された時点から「皇帝 vs 女帝」は注目カードであったのですが、前日の試合でソジス[ToSsGirL]選手がパクジョンソク[Reach]選手に快勝したことから、俄然注目のカードとなりました。

stars

オヨンジョン vs パクジョンソク

AirForce ACEのチームメイトでもある現役パワーToss同士による対決。序盤から一進一退の攻防が続きますが、中盤の衝突から差が開きはじめます。若干の力負けを感じつつも上手くディフェンスを続けたパクジョンソク[Reach]選手ですが、3rd 4th と拡張するにつれて間に合わなくなってきます。センターの攻防で優位に立ったオヨンジョン[Anytime]選手は、そのままマップコントロールの力で相手を圧倒。パクジョンソク[Reach]選手に痛い3敗目をつけています。

イムヨファン vs ソジス

そして注目の「皇帝 vs 女帝」に続きます。男女におけるE-Sportsのシンボルとして定着している2人ですが、まさかの直接対決が実現しています。

boxer and tossgirl

イムヨファン[BoxeR]選手は、序盤からベース外のStarportでwraithオーダーに走りますが、ここでソジス[ToSsGirL]選手はなんと2Starportのオーダー。先手を打ったのはソジス[ToSsGirL]選手で、相手のwraithが到着するまでにScanまで用意されており磐石かと思われた。しかし、経験から来る細かなプレイングスキルでイムヨファン[BoxeR]選手は互角の戦いながら、Starportひとつビハインドでこれを返します。その後は2ndからtankへと先手を打ち続けたイムヨファン[BoxeR]選手が快勝しています。

マジェユン vs カンミン

この2人の大舞台での直接対決は記憶に新しいでしょう。「プリングルス MSL 2006」の決勝戦で対決、当時最強を謳われたマジェユン[sAviOr]選手が3勝1敗で快勝した試合。

savior

当時Protoss戦無敗を誇ったそのプレイングは、解説員となったカンミン[Nal_rA]選手にも容赦はありません。序盤からキャノンの死角を縫ってプッシュ、完全に頭を押さえることに成功しています。マジェユンペースのまま終盤戦へ入りましたが、掌握してしまったマップコントロールを生かして、出てくるHigh Templarを全て処理したマジェユン[sAviOr]選手が2勝目をあげています。

対戦結果

e-STARS SEOUL 2009 Starcraft Heritage 第4日目
protoss パクジョンソク[Reach] < protoss オヨンジョン[Anytime]
terran イムヨファン[BoxeR] > terran ソジス[ToSsGirL]
zerg マジェユン[sAviOr] > protoss カンミン[Nal_rA]

リンク

(P)Reach < Destination > (P)Anytime


(T)BoxeR < Neo Medusa > (T)ToSsGirL


(Z)sAviOr < Destination > (P)Nal_rA

1 Comment

1 Comment

  1. TeamNiigata

    2009年7月26日 at 2:36 PM

    現役legend、さすがです♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.