Connect with us

Hi, what are you looking for?

ProLeague

オヒョンジン審判、コーチングスタッフ競技席侵入許可誤審

韓国eスポーツ協会、誤審オヒョンジン審判懲戒予定

事件は20日午後1時、文來洞LOOX HERO CENTERで開かれた『新韓銀行プロリーグ08~09』のhite対MBC GAMEの第1セットで起こった。

hiteのイギョンミン[Horang2]は、モニターの資源採取量部分が表示されず、競技開始直後’pp’を入力し競技中断を要請。韓国eスポーツ協会のオヒョンジン審判は状況を把握したのち、イギョンミン[Horang2]に注意を与え、競技を続行させた。

hite

問題は競技が再開される過程で起こった。この過程でhiteのイミョングン監督をはじめコーチングスタッフが競技席に侵入し、イギョンミン[Horang2]と言葉を交わしたのだ。

イミョングン監督によると、「突然の競技中断によりオヒョンジン審判に競技前にはモニター異常がなかったことを説明し、状態の確認が可能か聞いた」とし、「突然のモニター異常を確認するために要請したことについて審判は、競技席で選手と話すようにと言い、それにしたがってモニターを確認した」と説明した。

競技が再開された後、MBCのキムヒョクソプ監督が競技中断を要請した。キムヒョクソプ監督は、「競技席には、審判以外誰も入ることが出来ないと聞いている」とし、「コーチングスタッフが競技席に入ったので、再競技になるのではないか」と抗議した。しかしオヒョンジン審判はそのまま競技を続行させた。

韓国eスポーツ協会は、オヒョンジン審判の誤審を認め、懲戒を決定した。韓国eスポーツ協会のイジェヒョン競技局長は、「オヒョンジン審判がhiteのコーチングスタッフを競技席に侵入するのを許可したことは、明白な誤審」であるとし、「オヒョンジン審判の懲戒が決まり、懲戒レベルは近いうちに決まるだろう」と付け加えた。

情報元・・・FOMOS

1 Comment

1 Comment

  1. shuiniao

    2009年5月29日 at 11:08 PM

    韓国eスポーツ協会はオヒョンジン審判に対し公式競技10日間の出場停止の懲戒を決定し、規定に関する再教育12時間を受けさせることになりました。
    http://www.fomos.kr/board/b

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.