Connect with us

Hi, what are you looking for?

AfreecaTV StarLeague

変化の兆しと世代交代

10月8日に幕を閉じたASLシーズン14は、おそらくほとんど誰も予想することが出来なかったであろうキムジソン[RoyaL]選手の勝利となりました。2011年からSK Telecom T1に所属していたとはいえ、事実上KeSPA時代終焉後の新世代若手選手であること、ここまで圧倒的なZerg戦での勝率で勝ち抜いて来ましたが他がからっきしだったにも関わらずTerranミラーの決勝で勝利をモノにしたことなど、たくさんの注目ポイントはあるのですが、それらを並べるよりも、とにかく彼のTerranミラーの試合展開をその目で見ていただきたい。Terranミラーの常識を覆すような圧倒的な「攻めのTerranミラー」がそこにあり、それは(キムジソンの圧倒的TvZに加えて)Terranミラーの常識を覆すかのような試合の組み立てであると同時に世代交代を感じさせるような決勝戦でした。

屍を超えて

今シーズンはたくさんのサプライズがありました。ASL優勝3回目を狙うキムミョンウン[Queen]選手が敗退するならまだしもその姿はベスト16時点で消えてしまいました。最注目Protossであるピョンヒョンジェ[Mini]選手も同じくベスト16で姿を消しました。ベスト8になってからも決勝進出したユヨンジン[Rush]選手は昨シーズンの優勝者であるベテランTerranのイジェホ[Light]選手をフルセットの末に破り、優勝候補かと思われたキムミンチョル[SoulKey]選手とチョイルチャン[by.hero]選手のZergコンビもフルセットの末に準決勝でそれぞれ破れています。たくさんのベテラン選手を下して、比較的若手の2人が決勝で戦った今シーズンは、昨今でも最も世代交代を感じるシーズンだったんではないでしょうか。

Terranのスタンダードは変わるのか

Protoss戦は見る機会は今回ありませんでしたが、優勝したキムジソン[RoyaL]選手がTerranにおけるZerg戦とミラーマッチに与えた影響はかなり大きなものになりそうです。Zerg戦に関してはASL通算で80%を超える勝率を誇っており、彼の直近10試合に限定すれば勝率100%と、信じられない水準に達しています。しかしながら世論的にはTvZのみの一芸プレイヤーかと思われたのですが、決勝戦で見せた彼のプレイは運や偶然によるものではなくアグレッシブなTerranミラーという全く新しく、なおかつBo7という試合数でも十分に通用するバリエーションを持った新世代を感じさせるプレイでした。今回のキムジソン[RoyaL]選手のプレイがStarCraft界にどんな影響を与えるのか、今から楽しみです。

シーズン14の閉幕をもって2022年度のASLは終了となりますが、また次のシーズンでは惜しくも敗退してしまったレジェンド選手たちや、新しい選手の出現に期待しましょう。見逃してしまった試合がある方は下記のYouTubeに全試合アップロードしていますのでぜひともチェックしてみてください。また、次のシーズン開始を見逃さないよう、YouTubeに加えてAfreecaTVのチャンネルもぜひお気に入り登録よろしくお願いします。

放送チャンネル

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trending

You May Also Like

AfreecaTV StarLeague

9月も中旬に差し掛かり、いよいよASLシーズン1...

AfreecaTV StarLeague

先週から始まったASLシーズン14ですが、ベスト...

AfreecaTV StarLeague

AfreecaTV StarLeague (AS...

AfreecaTV StarLeague

AfreecaTV StarLeague (AS...

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.