Connect with us

Hi, what are you looking for?

e-Sports

ウェーバー公示された「雷帝」ユンヨンテ[Free]、結局引退

Free

Woongjin Starsの中心選手であった「雷帝」ユンヨンテ[Free]が、結局引退を宣言した。

 

Woongjinは10月1日、大規模ウェーバー公示でキムミンチョル[Soulkey]、キムユジン[sOs]を除くユンヨンテ[Free]、キムミョンウン[ZerO]、ノジュンギュ[BrAvO]、イムジンムク[Organ]、ソングァンホ[Aria]、チョハンビン[Hanbin]の6名の選手を放出した。母体企業の経営難悪化によりWoongjinはすべての選手を受け入れる余裕がないと判断してこのような決定を下し、最後まで去就が決定していなかったユンヨンテ[Free]は結局引退した。

 

Woongjinからウェーバー公示された選手の中でキムミョンウン[ZerO]が最初に引退を宣言し、その後イムジンムク[Organ]が引退してafreecaでStarCraft: BroodWar(以下SC1)配信を開始するという意思をフェイスブックで伝えた。ノジュンギュ[BrAvO]はSK Telecom T1に入団し、練習生だったソングァンホ[Aria]とチョハンビン[Hanbin]は引退することが分かった。

 

その後ユンヨンテ[Free]だけが去就が決定しておらず、ファンたちが心配を寄せていた状況。ユンヨンテ[Free]は接触してくるチームを待ったが、年齢のためユンヨンテ[Free]を希望するチームがなく、これ以上は待たずに引退するべきだと判断したことが分かった。

 

ユンヨンテ[Free]は引退した選手たちがafreeca TVにSC1で復帰したのとは違い、もうゲームはしないという意思を伝えた。ユンヨンテ[Free]はコンピュータ関連の資格を取得した後、新たな道を歩むと見られる。

 

ユンヨンテ[Free]は、「自分の意志で引退したわけではなく、まだゲームへの情熱が残った状態で引退をすることになり残念な気持ちが大きい」と話し、「これまで応援してくださったファンの皆さんに挨拶もできずに引退することになり、いっそう残念な気持ちだ」と述べた。

 

[デイリーeスポーツ イソラ記者 sora@dailyesports.com]

リンク

Daily eSports – 웨이버 공시된 ‘뇌제’ 윤용태, 결국 은퇴

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.