Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft II

『WCS 2013 Global Finals』、韓国が独占?

WCS

◇ 10月22日現在のWCSポイント順位(ブリザード公式ホームページ抜粋)
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)

 

ブリザードが主催するSC2世界大会である『World Championship Series (以下WCS)2013  Global Finals』があと1か月足らずに迫る中、ベスト16が全て韓国人選手で埋まる可能性が浮上している。

 

11月8日からアメリカ・アナハイムで開催される『WCS 2013  Global Finals』は、シーズン1からシーズン3までのWCSポイントの上位16名が出場する。KRとAM、EUの地域別ファイナルがすべて完了した状態で26日(韓国時間)からカナダで開かれる『WCS 2013 Season 3 Finals』の結果に基づいて、『WCS 2013 Global Finals』進出者16名が決定する。

 

10月22日時点でベスト16に入っている選手のうち、15名が韓国国籍を持っている。Acerのイシンヒョン[InnoVation]が6100ポイントで1位にランクインし、続いてEGのイジェドン[Jaedong]、CMStormのチェソンフン[Polt]、Woongjinのキムミンチョル[Soulkey]、StarTaleのチェジソン[Bomber]、Liquidのユンヨンソ[TaeJa]とソンヒョンドク[herO]、Acerのムンソンウォン[MMA]、Woongjinのキムユジン[sOs]、SK Gamingのチャンミンチョル[MC]、Primeのチョソンジュ[Maru]、EGのハンイソク[aLive]、LG-IMのチョンジョンヒョン[Mvp]、MVPのキムギョンドク[duckdeok]、AllianceのJohan Lucchesi[NaNiwa]、EGのキムドンヒョン[Revival]と続いている。

 

16名の候補の中で韓国人ではない選手は、スウェーデン国籍のJohan Lucchesi[NaNiwa]だけだ。Johan Lucchesi[NaNiwa]は『WCS EU Season 2』で上位入賞して500ポイント、『WCS Season 2 Finals』でベスト4に入り1000ポイントを獲得した。さらに『DreamHack Stockholm』、 『MLG Spring Championship』、『IEM New York 2013』でポイントを重ね、現在3,200ポイントを記録している。

 

しかし、Johan Lucchesi[NaNiwa]は『WCS 2013  Global Finals』に出場できない可能性が高い。カナダで開催される『WCS 2013 Season 3 Finals』に出場する選手の中で、カットラインにかかっている選手が非常に多いためだ。EGのキムハクス[Oz]やSK Telecomのオユンス[soO]、SouLのペクドンジュン[Dear]など2,350ポイント台にランクインしている選手が『WCS 2013 Season 3 Finals』で上位入賞し1000ポイント以上を獲得した場合、現在15位のJohan Lucchesi[NaNiwa]が脱落する可能性は十分にある。

 

Johan Lucchesi[NaNiwa]以外にも出場の可能性がある外国人は、スペイン人のJuan Moreno Durán[VortiX]だ。2,150ポイントで26位にランクインしているJuan Moreno Durán[VortiX]がもし上位入賞したり優勝した場合、『WCS 2013 Global Finals』に上がる可能性がある。

 

Johan Lucchesi[NaNiwa]やJuan Moreno Durán[VortiX]が『WCS 2013 Global Finals』に進出する可能性は、それほど高くないとみられる。Johan Lucchesi[NaNiwa]は今回の『WCS 2013 Season 3 Finals』に出られないため追加できるポイントがなく、Juan Moreno Durán[VortiX]が韓国選手との競争で勝ち残る確率はほとんどない。

 

もし『WCS 2013 Global Finals』ベスト16が韓国人選手たちだけで構成されれば、韓国を除く国の選手らは大いに不満を訴えるだろう。選手が自由に出場地域を指定できるように「配慮」したが、韓国選手が世界各地に広がって上位圏を席巻してしまったせいである。 2014年のWCSを企画する段階から多くの海外チームがリージョン制限強化に対して声を上げているのも、韓国選手たちの独走・独占のせいだ。

 

26日からカナダで開かれる『WCS 2013 Season 3 Finals』で、韓国ではない国籍を持つ選手が1人でも生き残れるか注目される。

 

[デイリーeスポーツ ナムユンソン記者 thenam@dailyesports.com]

 

◆WCS Season 3 Finals進出者

T(4)=チェソンフン[Polt]、キムヨンイル[Hack]、ムンソンウォン[MMA]、チョソンジュ[Maru]
P(7)=キムハクス[Oz]、ソンヒョンドク[HerO]、チョンミンス[Genius]、チャンミンチョル[MC]、キムギョンドク[duckdeok]、ペクドンジュン[Dear]、チョソンホ[Trap]
Z(5)=イジェドン[Jaedong]、ハンジウォン[ByuL]、Juan Moreno Durán[VortiX]、キムミンチョル[Soulkey]、オユンス[soO]

リンク

Daily eSports – WCS 2013 글로벌 파이널, 한국이 독식?

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.