Connect with us

Hi, what are you looking for?

features

「キムテギョン[Bisu]仲間外れ説」?今なら話せる

Bisu

芸能界でもスポーツ界でも、どの分野にも「噂」は存在します。噂が真実である場合もあれば、「説」にとどまり「噂」で終わる場合も多いでしょう。

 

eスポーツ界にも、ファンや関係者の間でさまざまな噂があります。しかし、eスポーツ界はとりわけ噂が「事実」である場合が多いため、ファンは「噂」を「事実」であると信じてしまうことが多いのです。

 

特に、引退したキムテギョン[Bisu]に関する噂は本当にたくさんありました。ファンの間に広まった最も衝撃的な噂のひとつは、「キムテギョン[Bisu]がSK Telecomで仲間外れにされている」というものでした。ファンは、キムテギョン[Bisu]が移籍した選手であるため仲間外れにされているという噂を、事実であると信じていたのです。

 

ようやく話せる時が来たようです。キムテギョン[Bisu]が「仲間外れ」だったのは事実です。正確に表現するなら、キムテギョン[Bisu]は「仲間外れ」だったのであり、「されていた」ことはありません。不本意ながら、選手たちがキムテギョン[Bisu]に接近できなかっただけなのです。もちろんキムテギョン[Bisu]がSK Telecomに移籍したばかりの頃のことであり、すぐに適応したキムテギョン[Bisu]はSK Telecomの中で人気者に変身しました。

 

同じチームでプレイしながら5年間キムテギョン[Bisu]を見守っていたイスンソク[s2]の言葉によると、キムテギョン[Bisu]はプロゲーマーの間でも近寄りがたい選手として知られていたそうです。トップスターであったキムテギョン[Bisu]がSK Telecomに移籍するということが知らされたとき、SK Telecomの選手たちの間では動揺があったそうです。トップスターが同じチームに合流するという事実に、選手たちはまるでアイドルが好きなファンのように胸のときめきを隠すことができなかったそうです。

 

キムテギョン[Bisu]がチームに合流した初期のSK Telecomの選手たちは、彼にたやすく声をかけられなかったそうです。親しくなりたい気持ちはやまやまでしたが、選手たちの間でもアイドルだったキムテギョン[Bisu]に気軽に声をかけられず、遠くから見ているだけだったのです。イスンソク[s2]もそんな選手のひとりだったそうです。

 

そのためキムテギョン[Bisu]はSK Telecomに入団した後、「仲間外れ」ではない「仲間外れ」として過ごさなければなりませんでした。キムテギョン[Bisu]も人見知りが激しいほうなので、誰かが近づいて来なければ親しくなりにくい性格でした。自分から先に近づくことのできないキムテギョン[Bisu]とトップアイドルを見るような感じでいた選手たちの間には妙な空気が流れ、気まずそうな様子が放送カメラに映し出されたことで「キムテギョン[Bisu]仲間外れ説」が急速に広まり始めたのです。

 

しかし3か月が過ぎたころ、選手たちはキムテギョン[Bisu]も自分たちと大差ない選手であることに気づき、その後は仲良くやっていたそうです。ところがあまりにも早い段階でキムテギョン[Bisu]がひとりぼっちでいた様子が何度も映し出され、広まってしまった「キムテギョン[Bisu]仲間外れ説」を収拾することはできなかったそうです。

 

イスンソク[s2]の言葉によると、キムテギョン[Bisu]がチームに適応してからは「ギャグキャラクター」として位置づけられたとのこと。今でもイスンソク[s2]はチェホソン[Mong]と一緒にお酒を飲むたびに、必ずキムテギョン[Bisu]を呼ぶそうです。言葉数が多くはないものの、鋭いギャグを放ち機転の利いた話術を持つキムテギョン[Bisu]がいなければ、酒の席の雰囲気が盛り上がらないと言います。

 

「キムテギョン[Bisu]仲間外れ説」の真実に関する疑問は解けましたか?芸能人の間でもむやみに声をかけられない「芸能人の芸能人」が存在するように、キムテギョン[Bisu]も「プロゲーマーのプロゲーマー」であったがゆえに笑えない「仲間外れ説」が浮上したのです。理由を聞いてみれば、「仲間外れ」にあったキムテギョン[Bisu]の立場からも悪い気はしないでしょう。

 

[デイリーeスポーツ イソラ記者 sora@dailyesports.com]

リンク

Daily eSports – ‘김택용 왕따설’? 이제는 말할 수 있다

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.