Connect with us

Hi, what are you looking for?

features

キムテギョン[Bisu]、「個人リーグを軽視してはならない」苦言

Bisu

キムテギョン[Bisu]が、eスポーツ界の現状に対するもどかしさと心のこもった忠告を伝えた。

 

引退前「テクベンリッサン(TBLS)」の一員としてeスポーツ界を担っていたキムテギョン[Bisu]は、選手として今のリーグシステムに対する残念な気持ちが大きかったという。キムテギョン[Bisu]は、コンテンツを大量に消費したせいでファンを退屈にさせたことが今の危機をもたらしたという意見を述べた。

 

キムテギョン[Bisu]が指摘した部分は、プロリーグに関連したことであった。キムテギョン[Bisu]は、「企業とKeSPAの立場を理解していないわけではないが、プロリーグで非常に多くの試合を消費したせいで選手がだんだん個性を失っていき、ファンも試合が退屈であると感じるようになった」と語った。

 

プロリーグがひとつのラウンドのみで適度な試合数をファンに披露していたら、StarCraft:BroodWarの生命力はもっと長かった可能性もあるというのがキムテギョン[Bisu]の考えだ。プロリーグが5ラウンドに増えたことで試合数があまりにも多くなりすぎて、選手が疲れ始めて試合の質が落ち、つられてファンも疲れてしまったというのである。

 

また、キムテギョン[Bisu]は「プロリーグだけを重視して個人リーグを軽視したことも、このような結果をもたらした」との意見も述べた。キムテギョン[Bisu]は、「選手たちの個性はプロリーグではなく個人リーグで作られるのに、チームやKeSPAが個人リーグを軽視すれば戦略的な試合や個性的なプロゲーマーが出にくくならざるを得ない」と述べた。

 

SC2に移行した現在の状況についても、キムテギョン[Bisu]は残念な気持ちを表わした。選手も企業もKeSPAも、すべての組織が現在の状況に集中できぬまま未来のことだけを考えていて、状況がますます悪くなっているというのである。

 

キムテギョン[Bisu]は「今は心をひとつにしてみんなで努力すべき時なのに、みんな表向きだけ復活させられると言っておきながら、裏で“終わったらどうしよう”と悩んでばかりで今の問題点を解決できていない」と残念がった。

 

キムテギョン[Bisu]は、「危機を克服するためには今eスポーツに従事しているすべての人々が共に力を合わせなければならない」と力説し、「僕が引退したことを後悔するぐらいeスポーツそしてSC2が、これからもっと愛されるようになってほしい」との願いも明らかにした。

 

[デイリーeスポーツ イソラ記者 sora@dailyesports.com]

リンク

Daily eSports – 김택용 “개인리그 무시하면 안돼” 쓴소리

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.