Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft: BroodWar

白血病闘病の末に死去した故・ウジョンホ[KT_Violet]選手に寄せて

2010年に白血病の診断を受け闘病中であったウジョンホ[KT_Violet]選手が先月、享年23歳という若さで亡くなりました。ウジョンホ[KT_Violet]選手はKT Rolster所属のプロゲーマーで、『新韓銀行プロリーグ09-10』シーズンのチーム優勝に大きく貢献したプロトスの主軸選手でした。

故・ウジョンホ[KT_Violet]選手に寄せて

私が20日間ほどの韓国滞在から帰国して間もない2012年8月23日。韓国で行ったインタビューの残りの記事を仕上げようとおもむろにPCを立ち上げた私が最初に目にしたものは、各国のStarCraftファンからウジョンホ[KT_Violet]選手へ向けられたさまざまな哀悼の文章でした。
まさか…まさか…。
こみ上がる緊張感を押さえつつリンク先にアクセスすると、そこにはウジョンホ[KT_Violet]選手の訃報を伝える記事が掲載されていました。韓国の各種eスポーツニュースサイトのみならず一般のスポーツニュースサイトでも同様の記事が掲載され、さらには韓国ポータルサイトの急上昇検索ワードにも彼の名前がありました。


KT Rolster所属のStarCraftプロゲーマーであるウジョンホ[KT_Violet]選手が、急性白血病の診断を受けて入院したというショッキングな情報が飛び込んできたのが2011年1月27日。あれから2年も経たないうちにさらにショッキングな情報が飛び込んで来ようとは、誰が想像できたでしょうか。
(StarCraft Times – KTウジョンホ[Violet]、急性白血病で入院 )
それからほどなくしてウジョンホ[KT_Violet]選手はTwitterのアカウントを開設し、自身の近況を伝えるようになります。残念ながらその後アカウントが削除され現在は閲覧することができませんが、当時の彼のツイート内容や私とのやりとりを当サイトの記事に詳しく書き残していましたので、是非そちらも合わせて読んでいただければと思います。
(StarCraft Times – 闘病中のウジョンホ[Violet]選手、Twitter通じ日本のファンへメッセージ )
その後も私とウジョンホ[KT_Violet]選手とのTwitterでの交流は続きました。彼がStarCraft2を始めたことやPlayStationとXboxどちらがいいと思うかなどゲームの話が多かったですが、日本への興味も相変わらずで、病気が完治したら日本へ旅行に行きたいとも話していました。また、東日本大震災の時はこちらの心配をしてくれたり、久しぶりに話しかけた時には私の名前まで覚えていてくれたりと、本当に気遣いの人だなぁという印象を持ちました。復帰したら韓国へ会いに行くのでインタビューに応えてくださいという私のお願いも快く引き受けてくれたウジョンホ[KT_Violet]選手でしたが、それは残念ながら叶わずじまいとなってしまいました。
2012年8月9日、ウジョンホ[KT_Violet]選手の病状が悪化しO型の血液が必要なのでeスポーツファンの皆さんに助けてもらいたいという内容の声明をKT Rolsterが発表。私はちょうど韓国滞在中でしたが残念ながらO型ではないので、各種SNSに記事のリンクを貼りつけてこの件を片づけてしまっていました。その後8月12日には、KT Rolsterの試合を取材するチャンスがありました。実は私がKTの選手たちに直接会うのはこれが初めてだったのですが、彼らは皆とても明るく気さくで非常にいいチームだという印象を受けました。それだけに彼らの悲しみを考えると、胸が締め付けられる思いがします。そして今にして思えば、私はせっかく韓国にいたのだから何かもう少しできたかもしれないと思うととても悔やまれてなりません。
ウジョンホ[KT_Violet]選手、今まで本当にお疲れさまでした。日本のSC1ファンはあなたのことを決して忘れないでしょう。どうか天国で安らかに…。
写真:sugeo
文責:shuiniao(スイニャン) @ 水長 浩美 / Hiromi Mizunaga

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.