Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft: BroodWar

イヨンハン[Shine]、Samsung KHANへ入団決定

シンノヨル[Roro]に続き、イヨンハン[Shine]獲得でザーグラインを強化

イヨンハン[Shine]が追加ドラフトを通じ、Samsung KHANに所属する事が決定した。

Samsung KHAN事務局の関係者は「現在、イヨンハン[Shine]選手は既に宿舎に合流している。弱いザーグラインを補う為に迎え入れた。ポスティング入札でシンノヨル[Roro]選手を獲得したが、チャミョンファン[Great]選手の空席を埋める為に、イヨンハン[Shine]選手も追加で迎え入れることにした。11日付けで契約を完了した」と答えた。(ソース:FOMOS
—————————————-
以下、イヨンハン[Shine]選手のインタビューです。

「Samsung KHANに入団できて本当に嬉しい」

Samsung KHANに入団が決定した後、イヨンハン[Shine]はこの数ヶ月の間見る事が出来なかった笑顔を浮かべた。
ゲームに対する情熱が誰よりも大きかったイヨンハン[Shine]だったので、チーム解体とドラフト失敗は大きな傷を与えた。イヨンハン[Shine]は今年だけでも2回の傷を受け、ゲームをこれ以上出来なくなるかもという圧迫を受けた。「事実、選手達はチーム解体の知らせを以前から知っていました。それも、他チームの選手から聞いたんです。前シーズン、その事実を知った瞬間から選手達はゲームに集中出来なくなりました。自分もやっぱり同じでした。しばらくの間、ありとあらゆることを考えました。」
練習に集中出来なかったイヨンハン[Shine]は、前シーズンでは良い成績を収められなかった。そしてチームが正式に解体した後、練習室を出て自宅でマウスを握りながら気持ちを引き締めた。それでも、他のチームでゲームを続けられるかもしれないという希望があったからだ。しかしイヨンハン[Shine]に、再度試練が訪れた。ドラフトで契約成立にならなかったイヨンハン[Shine]は、どのチームにも合流する事が出来なかったからだ。結果を電話で聞いた後、しばらくの間呆然と座っていたと告白した。
「正直、前シーズンの成績が良くなかったのでドラフトが上手くいかないかもといった覚悟はしていましたが、実際にそれが現実になると茫然自失の状態でした。本当にショックで、涙が出ました。これで終わりだ、と思ったので本当に辛かったです。」
辛い時期を過ごしたイヨンハン[Shine]は、Samsung KHANから入団の提案を受けた後、後先振り返らず無条件に入団を決定した。お金やその他の付帯的な事は重要ではなかった。彼には、ゲームを続けられる機会が何よりも重要だったからだ。「終わりだと思っていたけどまた再開出来る機会が出来て、今は本当に熱心にしなければという思い以外ありません。自信もあります。」
幸いにも、Wemade FOXからゲームを一緒に続けてきたシンノヨル[Roro]と同じチームに所属する事になった。イヨンハン[Shine]が合流するという知らせに、シンノヨル[Roro]もやはり嬉しそうだったという。その上、Samsung KHANの選手達も両手を挙げて大歓迎してくれて、チュヨンダル[oDin]の細かい心配りで既にチームに馴染んでいる。イヨンハン[Shine]には、今はゲームだけに没頭出来る状況が与えられたという事だ。
「以前同じチームだった(シン)ノヨル[Roro]ヒョンが隣にいるのを見ると、新しいチームだという気が殆どしません。その上、チームメイトがどれほど親切にしてくれたことか。特に(チュ)ヨンダル[oDin]ヒョンの心遣いが最高です(笑)。すでにSamsung KHANの一員になれたみたいです(笑)。」
イヨンハン[Shine]は次期シーズン、Samsung KHANのザーグラインが弱いという声を聞かないように、最善を尽くす覚悟を明らかにした。50試合が行われるとしたら、最低でも30勝はしたいというイヨンハン[Shine]は、しばらくの間途絶えていたSamsung KHANの優れたザーグラインを引き継ぎたいという意欲も伝えた。
「Samsung KHANのザーグラインを、他のチームから恐れられるようにする事が目標です。次期シーズンでイヨンハン[Shine]の台風を再度巻き起こします。たくさんの応援をお願いします。」(ソース:Daily e-sports

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © StarCraft Times. Since 2008.