Connect with us

Hi, what are you looking for?

MBC StarLeague

パクチャンス[Luxury]、「スターリーグ優勝も果たしたい」

lost saga msl

今回のリーグが始まってから、本当に決意が固かった

21日午後5時、こども大公園ドームアートホールで開かれた『LOST SAGA MSL 2009』決勝戦で、パクチャンス[Luxury](Z)がホヨンム[Jangbi](P)を3:1で倒し、初めての個人リーグ優勝に成功した。

luxury msl winner

‘チャンスパク’というニックネームにぴったり合った競技力だった。パクチャンスは競技ごとにやってくるチャンスを絶対に逃さずに強い攻撃力でホヨンムを攻略し、このところ恐ろしいまでの気勢で‘オールマイティ’というニックネームがついたホヨンムを圧倒し、生涯初のMSL個人リーグ優勝に成功した。

『WCG2008』の金メダリストであるパクチャンスは、これまで国内の個人リーグとは縁がなかった。スターリーグで2回連続ベスト4進出に成功したが、すべて敗北し決勝戦進出には失敗したためだ。しかしパクチャンスは、自分に初めて訪れた個人リーグ優勝のチャンスを逃さず、頂上の座につく喜びを味わった。

パクチャンスの優勝で、KTFはイヨンホ[Flash]、パクジス[ForGG]、パクチャンス[Luxury]と続く個人リーグ優勝者ラインナップを備えることになった。またKTFは、『cyon MSL』のチョヨンホ[Chojja]優勝以来、9シーズンぶりのMSLチャンピオンを輩出した。パクチャンスは、MSL歴代5番目のザーグチャンピオンとして記録された。

以下はパクチャンスとの一問一答。

-初めて個人リーグ優勝を果たした感想は。
▲今回のリーグが始まってから、本当に決意が固かった。このように優勝することができて、本当にうれしい。ベスト32から本当に大変な思いをして勝ち上がってきただけに、より感銘深い優勝だと思う。

-今回の『LOST SAGA MSL』で一番難しかった相手は。
▲やはり、ベスト8で対戦したシンサンムン[Leta]選手が一番難しかった。テランとザーグがお互いをよく知っている場合、テランの方が少し有利だ。だからシンサンムン選手との競技が一番しんどかった。

-初めての個人リーグ決勝戦だったが、緊張しなかったのか。
▲おかしなことに、別に緊張しなかった。楽な気持ちで、練習室でゲームしたのと同じように競技に臨んだ。

luxury

-練習はどのように行ったのか。
▲Woongjinのユンヨンテ[Free]選手とキムスンヒョン[GuemChi]選手が、休暇期間にも関わらず本当によく手伝ってくれた。うちのチームのザーグユーザーたちも、後ろで見ながらアドバイスをたくさんしてくれた。

-KTF移籍後、非常によい成績を収めているが。
▲KTFに移籍して、会社が大企業だからか心構えが変わったし、練習のときも以前より一生懸命になった。一競技、一競技を一生懸命準備した。両親もプレッシャーを与え続けてくれた(笑) おまえは大きな会社に行ったんだから、もっと一生懸命やらなきゃいけないよと言われていた。

-2セット目で敗北しなかったら、3:0も可能だったのでは。
▲1セット目がやけにうまくいって、2セット目でちょっと油断した。だから2セット目で敗北して、本当に後悔した。

-1セット目に、最初のザーグリングで相手のフォージを破壊したが。
▲フォージを破壊した後、今日の僕は運がいいと思った。練習のとき一度も起こらなかった状況だった。ホヨンム[Jangbi]選手にミスがあったようだ。

-3:0の勝利を狙っていたようだが。
▲2セット目も油断しなければ、予想スコアどおり3:0で勝利できていたはずだと思う。そういう部分は今後補っていかねばならない。

-KTF移籍後、プロトス戦に強くなったようだが。
▲これからは、誰も僕と弟パクミョンス[Yellow](ongamenet)をひとくくりにできないだろう(笑) うちのチームのザーグたちは、プロトス戦が本当にうまい。うちのチームのプロトスも強い。なので、僕がプロトス戦に強くなることができた。KTFに移籍してから、プロトスと競技したときKTFのザーグ選手たちが新しいことを本当にたくさん教えてくれた。ひとつずつ直していったので、強くなった気がする。以前は中盤以降にさしかかると、ほとんどどうすればいいか分からなかった(笑) でも今はもともと得意だった序盤のみならず、中盤以降のゲームメイクも学んだ。

-プロトスキラーになりたいとの発言もあったが。
ktf member▲決勝戦でプロトスを相手にしてみたところ、ちょっと楽だった気がした。これからもプロトスと対戦するときは全部勝ちたい。

-ザーグの先輩の中で好きな選手は。
▲ホンジノ[Yellow]選手(空軍)が一番好きだ。ホンジノ選手の、相手を追い込むスタイルが好きだからだ。スタイルが似ているから好きなのかも知れない。

-今日は弟パクミョンス[Yellow](ongamenet)が応援に来たが、何か言いたいことがあるか。
▲僕が兄だから、先に優勝するのは当然だ。ミョンスも一生懸命やれば、必ず優勝できると信じている。

-‘チャンス(Chance)パク’というニックネームについてどう思うか。
▲なんとなく、そのニックネームのおかげで僕の競技スタイルが運良くいった気がする。非常にいいニックネームだと思う。

-今回の賞金はどのように使うつもりか。
▲賞金はすべて貯金する方だ。今回の賞金もそうするつもりだ。練習を手伝ってくれたチームメイトと知人たちにごちそうするのは当然だ。

-22日にHwaseungとウィナーズリーグプレーオフを控えているが。
▲明日どんな選手と対戦しても勝てる感じがする。今日負ける可能性もあったので、ひそかに先鋒にはならないようにした(笑)

-KTFは、3名の優勝者を保有することになったが。
▲僕とイヨンホ[Flash]、パクジス[ForGG]選手をひとくくりに‘パクチャンホ’ラインと呼ぶらしい。今日の優勝で優勝者が3人になった。これからうちのチームはもっと強くなると信じている。僕らが力を合わせて、広安里(クァンアルリ)でチームを優勝させたい。

-これからどんな選手になりたいか。
▲今日MSLで優勝して、前回はWCGで金メダルを獲った。これからはスターリーグで優勝したいし、プロリーグで優勝を経験したいと思っている。

-最後に言いたいことがあるなら。
▲うちのチームのプロトスたちが、自分のことのように一生懸命手伝ってくれた。ザーグの選手たちもHwaseung戦を控えているのに、本当にたくさんのアドバイスをしてくれた。Woongjinのユンヨンテ[Free]、キムスンヒョン[GuemChi]両選手にも、もう一度感謝の気持ちを伝えたい。そして今日の決勝戦に備えて、フロントとファンがいろいろ準備してくれたことにも感謝している。両親もいつもマインドコントロールをしてくれた。そのおかげで、今日のように良い結果を出すことができた。本当に感謝している。

情報元・・・FOMOS

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

Copyright © 2020 StarCraft Times. Theme by ZoxPress, powered by WordPress.