Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft II

【ピープル】イジェドン[Jaedong]、「引退説、韓国復帰説の真相は…」

Jaedong

◇イジェドン[Jaedong](写真 = EG公式ホームページ)

 

本当にさまざまなうわさがありました。SNSで引退を連想させるような発言もありましたし、World Championship Series(以下、WCS)のAM予選に参加しなかったことで、引退説はあたかも事実であるかのようになってしまいました。しかも所属チームであるEGとの再契約が進められていないと伝えられたうえにイジェドン[Jaedong]も堅く口を閉ざしていたため、噂はさらに大きくなっていったのです。

 

ちまたでは、イジェドン[Jaedong]が韓国に帰ってくるという話もあり、韓国のファンたちは大きな期待を抱いていたことでしょう。そのため、数日前に彼がEGの公式ホームページでEG所属としてプロゲーマーをつづけると発表したときは、残念な気持ちがより大きかったかもしれません。

 

EGでプロゲーマーをつづけるという話以外、イジェドン[Jaedong]はこれまでのうわさについて何も語りませんでした。そのためEGの公式ホームページに掲載された彼のインタビューは、むしろ質問のコメントであふれるという奇妙な現象まで起きたのです。

 

これまでイジェドン[Jaedong]が口を開かなかった理由は、気持ちの整理がついていなかったからでした。今はEGでプロゲーマー生活をつづけると決め、心の整理を終えています。そして彼はこれまでの自分の考えと今後について、デイリーeスポーツに語ってくれました。

 

淡々と自分の意志や考えを伝えたイジェドン[Jaedong]の話を、今から一緒に聞いてみてください。

 

◆悩みの多かったここ数か月

ファンが最も気になっていたことは、イジェドン[Jaedong]の韓国復帰説でした。現在はEGとの再契約を終えているため、韓国への復帰は事実ではないことが明らかになりました。しかし彼が今シーズン、韓国への復帰について悩んでいたのは事実だったのです。

 

「韓国のリーグでプレイしたいと思い、復帰について悩んでいたのは事実です。実際に可能かどうかについて調べてみたりもしましたので。でも今は時ではないと思い、再びEGに復帰しました」

 

Jaedong

◇『IEM San Jose』でベスト4に進出した直後のイジェドン[Jaedong]の様子
(写真 = ESL、Carlton Beener)

 

イジェドン[Jaedong]は、心身ともに疲れきった状態だったと告白しました。長い期間プロゲーマー生活を送ってきたことで、疲れ果てていたのです。しかも本人の話も聞かぬままありとあらゆる噂がうまれることについて、非常に疲れを感じていました。

 

しばらくのあいだ逃亡したいとまで思ったというイジェドン[Jaedong]。かつて一番大変なときにそばにいてくれた家族といっしょに過ごせる時間が短かったことを残念に思っていたとのことで、今回彼は悩んでいる時期を家族とともに過ごし、自分の将来について語り合いました。

 

「家族とともに過ごした時間が、僕には癒しになった気がします。若くして両親と離れ、家族とともに過ごす時間があまりにも短すぎたのが辛かったのだと思います。家族と話し合いながら時間を過ごすことで、再び一生懸命頑張ることのできる原動力を得ることができました」

 

イジェドン[Jaedong]はまたとないチャンスである海外チームでの活動に、より集中することに決めました。今度はアメリカで生活しながらプロゲーマー生活を送る予定です。そのため、彼は少し前から練習に突入しました。

 

「ビザはチームのほうでやってくれるとのことで、僕は以前のコンディションに引き上げるため、今は練習に没頭しています。来シーズンのWCS AM予選に参加する予定であり、今後開かれるさまざまな国際大会にも、EG所属としてファンの皆さんとお会いできることになりそうです」

 

◆「引退する前には韓国へ戻りたい」

イジェドン[Jaedong]は「韓国に帰ってくることを考慮したのは事実」であると告白しました。しかし、ちまたに広がったCJ ENTUS復帰説については「初耳」だったそうです。自分に関するうわさが膨らんでしまったことについて彼は、「もどかしい」とため息をつきました。

 

「これからは、僕の口から出てくる言葉だけを信じてもらえると助かります。僕がとくに何も言わないのは悩んでいるということなので、そういうときは待っていてもらえるとありがたいです。変にあれこれ推測やうわさが広まっていくのは、見ていてとても辛かったです。僕が他のことを気にせずゲームにのみ没頭することができるようぜひ協力してください」

 

イジェドン[Jaedong]は、いつかは韓国に戻ってくると言っています。個人的に、引退は韓国でしたいという希望も明かしています。チャンスがあればいつでも韓国リーグに戻り、韓国のファンたちと会う計画を立てているのです。

 

Jaedong

◇写真 = ESL、Helena Kristiansson

 

「個人的には韓国で活動して引退したいです。プロゲーマーを辞める前には、絶対に韓国へ戻ってきます。僕を大事に思ってくれていた韓国のファンの皆さん気持ちは今も忘れていません。戻ってきたら歓迎してくれなきゃダメですよ(笑)」

 

イジェドン[Jaedong]は、今からすべてのことを練習にのみ集中させるつもりでいます。今後アメリカへ行ったら余計なことは考えず、成績を出すために努力して昔の姿に戻ってみせるという覚悟でいます。彼は自分の夢が実現できるよう、今は大勢の人々の応援が必要なときだと思うと言いながら、照れくさそうに笑いました。

 

「今は推測よりも、応援してもらえたら嬉しいです。新たなスタートを切るという気持ちで、ベストを尽くしたいと思います。応援してくださったファンに恩返しするには、良い成績を出すことが一番だと思うんです。また勝ち上がる姿をお見せしたいです。」

 

イジェドン[Jaedong]の決意が格別な分、ファンはもう黙って見守るしかなさそうです。今後彼が韓国プロゲーマーの地位を海外に広く知らしめることができるよう応援してもらえたら、「暴君」の姿を再び見ることができるのではないでしょうか。

 

[記事:デイリーeスポーツ イソラ記者 sora@dailyesports.com]
[翻訳:StarCraft Times Hiromi Mizunaga(スイニャン) info@sc-times.net]

※デイリーeスポーツの許可を得て掲載しています。

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.