Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft: BroodWar

『9th Sonic StarLeague』、参加者華やか

Sonic StarLeague

BJ Sonicが主催しているStarCraft: BroodWar(以下SC1)リーグである『9th Sonic StarLeague』の参加者が公開された。

 

4日、ソウル・鴨鴎亭洞(アックジョンドン)のイルジアートホールで開かれる『9th Sonic StarLeague』の指名式はキムテギョン[Bisu]、ホヨンム[JangBi]、キムミョンウン[ZerO]、ハンサンボン[Kwanro]、パクソンギュン[Mind]、チョンサンウク[Midas]など、引退直前まで活躍していた選手たちが大挙出場する。

 

最も注目を集めている選手はキムテギョン[Bisu]とホヨンム[JangBi]だ。SC1でプロトス史上初のMSL3回優勝を達成したキムテギョン[Bisu]は変わらぬ実力を維持しているという評価を受けており、競技力への期待が生まれている。SC1公式リーグ最後の優勝者であるホヨンム[JangBi]にかける期待も大きい。 2012年8月に開かれた『Tving Star League』でチョンミョンフン[Fantasy]を下し最後のSC1スターリーグ優勝者となったホヨンム[JangBi]が、キムテギョン[Bisu]を阻止できるのかにも関心が集まっている。

 

ザーグとテランも華やかな現役時代を過ごした選手たちが一挙に出場する。最後のMSLだった『ABC Mart MSL』の準優勝者であるキムミョンウン[ZerO]が出場し、CJ EntusとSK Telecom T1で活躍したハンサンボン[Kwanro]も軍隊除隊後に姿を見せた。

 

テランラインはパクソンギュン[Mind]、チョンサンウク[Midas]、イムジンムク[PianO]の合流が目につく。パクソンギュン[Mind]は2007年にキムテギョン[Bisu]を下して波乱を起こし、チョンサンウク[Midas]は安定した成績を出してSK TelecomとWeMadeの主戦力として活躍した。イムジンムク[PianO]は特有のバイオニックで行うザーグ戦で強い。

 

『9th Sonic StarLeague』を自費で行うBJ Sonicは、「多くの方々が今回の大会に興味を持ってくれていると聞いている。選手たちの面々が華やかであるだけに良い試合が出てくると思われ、無理なく大会が行えるだろう」と述べた。

 

『9th Sonic StarLeague』参加者

P(13)=キムテギョン[Bisu]、ホヨンム[JangBi]、パクセジョン[Pure]、ジンヨンファ[Movie]、キムユンジュン[Shuttle]、パクスボム[Tyson]、キムギフン[Lazy]、キムジェフン[Jaehoon]、ピョンヒョンジェ[Mini]、ハヌル[Sky]、キムボンジュン[Britney]、チョンテギュ[Zeus]、パクジホ[Pusan]

Z(10)=パクジュノ[Killer]、キムヒョヌ[Modesty]、キムミョンウン[ZerO]、イイェジュン[Terror]、ハンサンボン[Kwanro]、チョイルチャン[by.hero]、イムホンギュ[Larva]、パクソンジュン[ZergMaN]、ユジヌ[Beast]、ノジェサン[Cola]

T(9)=パクソンギュン[Mind]、イムジンムク[PianO]、チョンサンウク[Midas]、ヨムボソン[Sea]、チェホソン[sSak]、ユンチャニ[Mong]、クソンフン[Hiya]、キムテヨン[Ample]、キムジェヒョン[Shinee]

 

[デイリーeスポーツ ナムユンソン記者 thenam@dailyesports.com]

リンク

Daily eSports – 소닉 9차 스타리그, 참가자 화려하네

1 Comment

1 Comment

  1. Pingback: StarCraft Times | StarCraft2 ProGaming World - 2015年はスタクラ1復活の年!SSLとKSL、2大リーグまとめ!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.