Connect with us

Hi, what are you looking for?

ProLeague

【プロリーグメディアデイ】監督ら、「新しくなって楽しみだ」

『SK Telecom SC2 ProLeague 2014』のメディアデイに登場した8チームの監督は、「いろいろと変わって新しい要素が増えてきたので楽しみだ」と口をそろえた。今シーズンから韓国eスポーツ協会に新たに加わったIM、Prime、MVPが合流したことにより予想しにくい面が増え、リーグシステムも変わったため相手を分析するのは難しいとの意見が出された。

 

KT

◇KTイジフン監督

以下は各チームの監督のコメント。

 

▶KT Rolster イジフン監督 = いつのまにかベテラン監督になった。新しく合流したチーム、監督、選手たちもいて、これまでのシーズンのメディアデイとは感じが違う。初心に帰って必ず優勝できるよう努力したい。

 

▶Samsung Galaxy KHANオサンテクコーチ = キムガウル監督がチームを離れ、チュヨンダルコーチとともにチームを率いている。面白い試合をお見せするため、楽しむ心構えで準備している。

 

▶SK Telecom T1チェヨンソン監督 = 監督という肩書きを得て2か月ほど過ぎた。プロリーグで司令塔を務めるのは初めてだ。SK Telecom T1は国内のみならず世界で最も偉大なチームとして成長するために努力している。

 

SK Telecom

◇CJパクヨンウン監督

 

▶CJ Entusパクヨンウン監督 = 「新しい」と「楽しみ」、この二つの単語で頭の中がいっぱいだ。新しいチーム、新しい監督、新しい選手たちと戦うのは面白そうだ。新しい形式で行われるプロリーグの舞台だからこそ、いっそう楽しみだ。新しい分、楽しみがあると思う。

 

▶Jin Air Green Wingsチャジフン監督 = 昨日、監督の肩書きを得た。そしてJin Air Green Wingsという名前で初めて出場するプロリーグである。すべてが新しいので、よりいっそう面白い大会になりそうだ。ファンの皆さんにも、私が感じている新しさと楽しさをお見せしたい。

 

IM

◇IMカンドンフン監督

 

▶IMカンドンフン監督 = プロリーグは初めて立つステージだ。 我々は『GSTL』や『IPTL』など、国内外のSC2チームリーグで優勝した経験がある。難しいかもしれないが一生懸命努力して、ファンの皆さんや関係者の皆さんに応援してもらえるような戦いを繰り広げたい。SC2市場が低迷しているが、IMがLiquidと連合した理由もプロリーグだけでなくSC2大会の復活のためである。

 

▶MVPイムヒョンソク監督 = この席に座れただけでも嬉しい。常に良い試合を見せようというモットーで頑張っている。他の種目の監督もしているが、チームの中心であるSC2、プロリーグだからこそ挑戦したいという気持ちがある。学ぶ姿勢でベストを尽くすチームになれるよう努力したい。

 

Prime

◇Primeパクウェシク監督

▶Primeパクウェシク監督 = 以前Hanbit Stars時代にコーチとしてプロリーグに出たことがある。Primeとして出られることになり、とても嬉しく楽しみだ。ベストを尽くして良い成績が出せるよう努力したい。

 

[デイリーeスポーツ ナムユンソン記者 thenam@dailyesports.com]

リンク

Daily eSports – [프로리그 미디어데이] 감독들 “새롭고 설렌다”

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.