Connect with us

Hi, what are you looking for?

e-Sports

SC2イジェドン[Jaedong] – LOLイサンヒョク[Faker]、ファンが選んだ最高のプロゲーマー

Jaedong Faker

◇イジェドン[Jaedong] – イサンヒョク[Faker]

 

EGのイジェドン[Jaedong]とSK Telecomのイサンヒョク[Faker]が、ファンが選ぶ最高のプロゲーマーに選定された。

 

eスポーツコミュニティPGR21(http://pgr21.com)は会員の推薦と投票で行われた「2013 e-Sports Awards in PGR21」の部門別受賞者を発表し、EGのイジェドン[Jaedong]とSK Telecomのイサンヒョク[Faker]が、ファンが選ぶ最高のプロゲーマーに選定されたと16日、明らかにした。今回のイベントは514名のPGR21会員が投票に参加している。

 

StarCraft 2部門では、今年の6つの海外大会の決勝戦に進出しStarCraft: BroodWar(SC1)優勝経験者では初めてStarCraft 2: Heart of the Swarm(SC2)大会で優勝したEGのイジェドン[Jaedong]がザーグ選手賞と最優秀選手賞を受賞した。

 

テラン部門は『World Championship Series (WCS) Season 1 Finals』で優勝したAcerのイシンヒョン[InnoVation]、プロトス部門では『WCS Global Finals』で優勝したJin Air Green Wingsのキムユジン[sOs]が受賞した。

 

『World Cyber Games (WCG) 2013 Gland Finals』で銀メダルを獲得したCJ Entusのキムジョンフン[Sora]は新人賞を受賞し、今年のSC2チーム賞はプロリーグ準優勝とキムミンチョル[Soulkey]、キムユジン[sOs]の個人リーグ優勝者を輩出したWoongjin Starsが受賞した。

 

League of Legends(LOL)部門では、『LOL Season 3 World Championship』で優勝したSK Telecom T1 Kの選手らが受賞を独占した。イサンヒョク[Faker]は新人賞、MID選手賞、最優秀選手賞まで、3つのトロフィーを独占した。今年のLOLチーム賞もSK Telecom T1 Kが圧倒的な得票数で受賞している。

 

TOPではCJ Entus Blazeイホジョン[Flame]が、BOTではSK Telecom T1 Kのチェグァンジン[Piglet]、Jungle部門はSK Telecom T1 Kのペソンウン[Bengi]、Support部門はSK Telecomのイジョンヒョン[PoohManDu]が栄光を手にした。

 

その他の部門である今年の放送人賞ではOnGameNetのキムドンジュン解説が2年連続で受賞した。そして過去10年間、最高の実力でWarCraft 3において活躍し『WCG 2013 Gland Finals』準優勝を果たしたチャンジェホ[Moon]が功労賞の主人公になった。

 

PGR21関係者は、「2013 e-Sports Awards in PGR21」の投票に参加してくれたファンの心を込めて受賞者に直接トロフィーを渡し、受賞の感想インタビューを年末に公開する計画だ」と明らかにした。

 

[デイリーeスポーツ キムヨンウ記者 kenzi@dailyesports.com]

リンク

Daily eSports- 이제동-이상혁, 팬들이 뽑은 최고 프로게이머

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.