Connect with us

Hi, what are you looking for?

StarCraft: BroodWar

FA対象者発表&FA対象者教育実施

FA

ついにFA対象選手が発表され対象者教育が実施されるなど、本格的にFAが始動しはじめました。FA対象選手は大方予想通りでしたが、イムヨファン[Boxer]選手は、エントリーが25%に満たなかったため対象外となっています。

FA対象者教育、計39名中35名参加

韓国eスポーツ協会は8月10日、ホームページでプロゲーマーFA対象者を発表し、翌11日午後、FA対象者教育を実施した。FA対象者は計39名だが、この日のFA対象者教育に欠席した選手が計4名いた。イジェドン[Jaedong]は健康上の問題で、キムジュニョン[GGPlay]も風邪をこじらせて参加できなかった。またパクジホ[Pusan]は家庭の事情で参加できず、パクソンフン[TT]もこの日の教育に姿を見せなかった。

FA対象者名簿と、FA対象者教育の詳細は以下。

2009年プロゲーマーFA対象者名簿

KT-パクジス[ForGG]、アンサンウォン[Shine]、パクチャンス[Luxury]、ペビョンウ[815]、キムジェチュン[FireFist]、カンミン[Nal_rA]
SKT-キムテギョン[Bisu]、チョンサンウク[Midas]、チェヨンソン[iloveoov]、コインギュ[Canata]
Hwaseung-イジェドン[Jaedong]、クソンフン[Hiya]
Samsung-ソンビョング[Stork]、ホヨンム[Jangbi]、パクソンフン[TT]、イソンウン[FireBatHero]、チュヨンダル[oDin]
MBC-ヨムボソン[Sea]、イジェホ[Light]、キムドンヒョン[Saint]、コソッキョン[Hyun]、パクジホ[Pusan]
CJ-マジェユン[Savior]、ピョンヒョンテ[Iris]、パクヨンミン[Much]
hite-キムチャンヒ[Go.Go]、パクミョンス[Yellow]
eSTRO-シンヒスン[UpMagic]、シンサンホ[Sangho]、ソギス[Tester]
STX-ジンヨンス[Hwasin]、キムユンファン[Calm]、パクソンジュン[July]、キムグヒョン[Kal]、パクジョンス[Soo]
Wemade-イユンヨル[Nada]、パクソンギュン[Mind]
Woongjin-ユンヨンテ[Free]、キムジュニョン[GGPlay]

情報元・・・FOMOS

FA対象者教育実施

FA対象者教育を担当する韓国eスポーツ協会のイジェヒョン競技局長は、1時間程度の教育時間の中で、他のスポーツの事例を利用するなど詳しい説明を行った。今回のFA対象者教育はFA制度の定義、施行されたきっかけと目的についての説明から始まり、FA資格基準、FA対象選手名簿公開、FA施行過程、FAゲームチーム補償規定、選手の質疑応答など、選手たちがFAに臨むにあたり必ず知っておかなければならない事項を中心に行われた。

選手たちは筆記用具を用いて熱心に書きとめたり、質疑応答の時間に積極的に質問するなどFA教育に真摯に臨む様子を見せ、各チームのコーチングスタッフとフロントも教育に積極的に参加し、初のFA施行に多くの関心を寄せた。

情報元・・・FOMOS

FA対象者教育の質疑応答内容

-イユンヨル[Nada]=補償規定は、他のスポーツにも適用されているのですか。
▲他のスポーツにも適用されています。たとえばある選手が来シーズンによい成績を残すだろうと予想され年俸5千万ウォンから大幅に引き上げられて再契約をすると、その選手は補償規定が適用されます。もちろんスポーツごとにパーセンテージは違うでしょうが、補償規定の適用は同一です。

-イジェホ[Light]=FA取得選手が元の所属チームと契約をすると、次のFA取得期間はどうなりますか。
▲元の所属チームとの契約ができなくなった瞬間に、FA資格が発効されます。契約した場合、次のFA資格が得られるまで5年の期間が必要です。もし契約が終わるころにFA資格を与えたら、一気にFA資格者が増えてしまい混乱を招く可能性があり、チームの立場からも選手を育成するにあたって問題が発生しかねません。ですから、FA資格の再取得を5年と限定しています。もちろんFAでなくてもチーム間の利害関係が合えば、選手の移籍はいつでも可能です。

-ピョンヒョンテ[Iris]=選手を受け入れるときに支給する補償金額は、実受領年俸ですか。
▲実受領額です。インセンティブやオプションは、補償金額に適用されません。

-ソンビョング[Stork]=最終交渉が決裂したら準プロゲーマーに降格とのことですが、そうなると個人リーグの出場は不可能になりますか。
▲出場できません。プロゲーマーの資格を喪失した瞬間、プロリーグのみならず個人リーグのような公式大会には参加できなくなります。WCGや大統領杯アマチュア大会のような場合も、プロゲーマー出身の準プロゲーマーは出場できません。もしそのような選手たちが出場した場合、大会の運営が難しくなるからです。ただし、海外で行われる大会には出場でき、国内で行われるイベント大会では主催者側から招待されれば出場が可能です。

-クソンフン[Hiya]=入札時の年俸金額を続けて調整することはできますか。
▲できません。もし続けて年俸の調整が可能になると、競売式に選手の年俸が上がっていってしまいます。そうなると選手は利益を得ますが、チームの場合被害を受けます。FA規定は選手のみならずチームにも利益がなければならないので、一度年俸の入札に参加したら、金額の修正はできません。

-ハテギ監督=選手のFAに対する情報共有に制限規定がなければチームや選手間の談合が起こる可能性がありますが、制限規定はないのですか。
▲まだ処罰規定はありません。その部分については、まだ時期が早いと思っています。11チームがすべて談合をして、39名の選手がすべて談合をするのは、無理があると思われます。

情報元・・・FOMOS

4 Comments

4 Comments

  1. 匿名

    2009年8月18日 at 8:07 PM

    チームから離れたら、どうして個人リーグにも
    参加できなくなるんだろう。
    年収が低くなっても、時間に余裕を持って
    生活したいプロゲーマーもいるだろうに。

  2. sugeo

    2009年8月18日 at 8:40 PM

    個人リーグも全てKeSPA公認なので、規定通り所属契約してない選手は出れないですね。
    出場可能なのはアマチュア用の大会とかだけですかねぇ。そのへんも含めて、他の身体スポーツと同じ感覚ですね。

  3. shuiniao

    2009年8月18日 at 10:02 PM

    チームに所属しない=準プロゲーマー降格、ってことで個人リーグには出場できません。
    ただし記事にもあるように、プロゲーマー出身の準プロゲーマーはアマチュア大会にも出場できません。おそらくダントツにうますぎちゃって何のためのアマチュア大会なんだ、ってことになっちゃうからでしょうね。

  4. kage0119

    2009年8月19日 at 1:40 AM

    カンミンやチェヨンソンもFA対象になってるんですね。
    名前が上がってきてる選手もそうそうたる顔ぶれで、どう動くのか楽しみです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.