Connect with us

Hi, what are you looking for?

ProLeague

新韓銀行プロリーグ 08~09 プレーオフ Hwaseung OZ vs CJ Entus !!

8月1日~2日に行われた『新韓銀行プロリーグ 08~09 プレーオフ Hwaseung OZ vs CJ Entus』の試合結果をお伝えします。

cj vs hwaseung

5位でシーズンを終えたCJ Entusでしたが、ポストシーズンに突入してから2週間、キムジョンウ[EffOrt]選手を中心に脅威の試合運びで話題となりました。惜しくも1位通過を逃したHwaseung OZとの対決は、今年の3月28日に行われたウィナーズリーグ決勝戦の再現となり、Hwaseungにとってはリベンジ戦となった。

1日 Hwaseung vs CJ Day 1

エントリーが発表された時点で、連戦の鍵を握るとされていたイジェドン[Jaedong]選手とキムジョンウ[EffOrt]選手の直接対決が大いに話題となりました。初戦ではソンジュフン[Lomo]選手とチョビョンセ[sKyHigh]選手が、中盤からセンターラインを奪い合う激しい打撃戦に。ソンジュフン[Lomo]選手のwraithによる前線維持に対して、チョビョンセ[sKyHigh]選手は時間差のwraith返しで圧倒。

cj

大事な初戦を手 にしたCJでしたが、ここで試合の流れを左右する大事な第2試合に突入する。疑う余地なく両チームのトップエースであり、2009年現在で最高峰のZerg対決であろうイジェドン[Jaedong]選手対キムジョンウ[EffOrt]選手の対決。
2hatオーダーのキムジョンウ[EffOrt]選手に対して、1hatラッシュを試みるイジェドン[Jaedong]選手。不利なタイミングながらも脅 威のMicroでディフェンスしたキムジョンウ[EffOrt]選手でしたが、70%後半という信じられないZvZの勝率を誇る王者イジェドン[Jaedong]選手には一歩及ばず。ここで試合の流れは一気にHwaseungへ。

jaedong

しっかりとした生産力と丁寧なEMPでジンヨンファ[Movie]選手を圧倒したクソンフン[HiyA]選手に続いて、Hwaseungの新米キムテギュ ン[PerfectMan]選手が、素晴らしいShuttle運用を見せてピョンヒョンテ[Iris]選手を倒すというまさかの展開に。

hwaseung

最後はソンチャヌン[BackHo]選手が、Pylonハラスからcannonラッシュに繋ぐ圧倒的なプレイで4-1の完全勝利を締め括った。

対戦結果

新韓銀行プロリーグ 08~09 プレーオフ Hwaseung vs CJ Day 1
terran ソンジュフン[Lomo] < terran チョビョンセ[sKyHigh]
zerg イジェドン[Jaedong] > zerg キムジョンウ[EffOrt]
terran クソンフン[HiyA] > protoss ジンヨンファ[Movie]
protoss キムテギュン[PerfectMan] > terran ピョンヒョンテ[Iris]
protoss ソンチャヌン[BackHo] > protoss チャンユンチョル[Snow]

2日 Hwaseung vs CJ Day 2

後がなくなったCJでしたが、過去2週間のプレーオフ進出戦を見ても、ここから本番のチームと言えるでしょう。前日に引き続き攻撃的ながらも安定したプレ イングのチョビョンセ[sKyHigh]選手は、しっかりと相手の頭を押さえてHwaseungのエースTerranクソンフン[HiyA]選手を撃破。 2日連続で先鋒に仕事をしてもらったCJは一気に反撃ムードへ突入する。続くノヨンフン[Young]選手の1gate reaverオーダーに対しても、DTによるハラスで逆に先手を奪ったジンヨンファ[Movie]選手が快勝。

movie

さらには昨日仕事を果たせなかったチョビョンセ[Iris]選手が、vultureによるタイミングラッシュでまたもワンサイドゲームを見せて開幕3連勝 スタート。しかしながら、第4試合のエントリーはZergの王者イジェドン[Jaedong]選手に対してCJからはクォンスヒョン[Orion]選手。 誰の目にも結果は明らかだったこのマッチアップですが、CJはしっかりと対策オーダーを用意していました。
両者共にGod’s Gardenのマップなら妥当であろうスタンダードな2hat mutalオーダーのスタートで試合は中盤に突入する。しかしクォンスヒョン[Orion]選手は、オーダーそのままで無理やりzergling scorgeオーダーにシフトするという見事な心理戦で、mutalが出る前に試合は動く。

orion

イジェドン[Jaedong]選手も、どちらが押されているのか見失ってしまうような見事なmutalコントロールを見せるも、完全にmutalオーダーの隙を突いたフェイントを前に敗北。前日の惨敗を吹き飛ばす パーフェクトゲームを見せたCJメンバーにより、決着はスペシャルエースマッチへ。

effort vs jaedong

CJは好調を続けるTerran組を出す手もあったかもしれませんが、多くの予想通りイジェドン[Jaedong] vs キムジョンウ[EffOrt]というその名の通りエースマッチとなった最終試合。
中盤まで全く互角の戦いを展開した両選手ですが、中盤以降信じられないようなMicroコントロールでscorgeを次々に処理したイジェドン [Jaedong]選手がリード。キムジョンウ[EffOrt]選手が何度も試みたzerglingハラスも同時に処理するマルチタスクぶりで全く死角のないプレイングとなった。2日連続でエース直接対決を制したイジェドン[Jaedong]選手は、チームの4連敗、自らの惨敗を押しのけてHwaseung OZを決勝戦の地「広安里」へと導きました。

skt vs hwaseung

決勝戦は8月7日と8日、釜山の広安里にて「SK Telecom T1」と「Hwaseung OZ」が激突する。

対戦結果

新韓銀行プロリーグ 08~09 プレーオフ Hwaseung vs CJ Day 2
terran クソンフン[HiyA] < terran チョビョンセ[sKyHigh]
protoss ノヨンフン[Young] < protoss ジンヨンファ[Movie]
terran ソンジュフン[Lomo] < terran ピョンヒョンテ[Iris]
zerg イジェドン[Jaedong] < zerg クォンスヒョン[Orion]
スペシャルエースマッチ
zerg イジェドン[Jaedong] > zerg キムジョンウ[EffOrt]

リンク

Day1

(T)Lomo <Destination> (T)sKyHigh


(Z)Jaedong <Neo Medusa> (Z)EffOrt


(T)HiyA <Colosseum II> (P)Movie


(P)PerfectMan <Shades of Twilight> (T)Iris


(P)BackHo <Heartbreak Ridge> (P)Snow

Day2

(T)HiyA <Destination> (T)sKyHigh


(P)Young <Colosseum II> (P)Movie


(T)Lomo <Shades of Twilight> (T)Iris


(Z)Jaedong <God’s Garden> (Z)Orion

Special Ace Match

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.