Connect with us

Hi, what are you looking for?

features

ソンビョング[Stork]、韓国児童図書の主人公に選定

60種類の職業の中「プロゲーマー」編で紹介

幼児および児童図書出版社の㈱ハンオル教育は、人生の出発点に立つこどもたちに未来の自分について考え、職業の世界に触れる機会を与えることによって夢を具体化することができるよう手助けするための図書『アドバイザーが聞かせてくれる職業の話(仮称)』シリーズを発刊することになり、「プロゲーマー」編でソンビョング[Stork]を主人公に決め、インタビューを行った。

ソンビョング[Stork]

全60巻シリーズで作成される『アドバイザーが聞かせてくれる職業の話(仮称)』は、未就学の児童から小学2年生までを対象に1巻につきひとつの職業を紹介し、計60種類の職業を童話形式で紹介する本だ。本文はこどもたちが楽しく読めるよう絵本形式で構成されており、付録には実際その職業に従事する人たちのインタビューと写真が掲載される。

㈱ハンオル教育の関係者は、「プロゲーマーはインターネット文化の中で育つこどもたちに馴染みのある職業のひとつであり、一部の選手たちは人気芸能人を超えるほど応援されている」と話し、「特に多くのこどもたちがプロゲーマーになりたいという夢を抱いているため、職業としてプロゲーマーを扱い、ただただ華やかに見えるプロゲーマーの世界を客観的に見せることで、自分の未来について冷静に考える機会ができれば」と企画の意図を説明した。

続けて、ソンビョング[Stork]をプロゲーマーの代表として選んだ理由について、「ソンビョング選手のゲームスタイルの個性が独特だとかいうよりは、全体的にバランスよく力を見せるプレイをしている点でプロゲーマーを代表する選手だと判断した」とし、「外見もまた突出しているわけではなく真面目に見えるし、こどもたちの好きなプロトスの選手である点も考慮した」と話した。

『アドバイザーが聞かせてくれる職業の話(仮称)』は、6月末に発刊される予定だ。

情報元・・・FOMOS

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.