Connect with us

Hi, what are you looking for?

ProLeague

チョギュナム監督、キムドンウコーチ、「広安里(クァンアルリ)でも優勝したい」

うちのチームの選手たちはみんな強い選手たちだ

28日、ソウル中区の奨忠体育館で開かれた『新韓銀行ウィナーズリーグ08~09』決勝戦で、CJ Entusが優勝を果たし、ウィナーズリーグ最強者であることを証明した。

CJ Entus

以下は、CJ Entus監督とコーチングスタッフの一問一答。


-ウィナーズリーグ優勝の感想は。
▲チョギュナム監督=実は2006年の設立以降、会社からすばらしい支援と環境を作っていただいたが、2年間優勝できず申し訳なかった。長い間待ち焦がれた優勝なので、これからさらに頑張れる動機になるだろうし、熱心に支援してくださっている会社と事務局の社員にお礼を言いたい。

-オールキル負けの危機で、チョビョンセ[Skyhigh]を出場させた理由は。
▲チョギュナム監督=今回のウィナーズリーグ決勝へ臨むにあたり、イジェドン[Jaedong]選手が先鋒で出場することになったのを見て、最悪のシナリオを考えた。オールキルされるかもしれないと思い、とても悩んだ。マジェユン[Savior]選手とピョンヒョンテ[Iris]選手、チョビョンセ[Skyhigh]選手の出場順に苦心した。以前にも話したが新人起用を念頭に置いていたので、一番いい経験を積ませたくて1セットと4セットにキムジョンウ[Effort]とチョビョンセ[Skyhigh]を出場させることにした。ラッシュアワー3でチョビョンセ[Skyhigh]選手を送り出したときは、設立以降われわれが優勝したことがなく挑戦する立場としてシーズンに臨んだので、失うものは何もないという気持ちだった。それが勝利に大きく役立ったようだ。

-楽ではない勝負だったが。
▲チョギュナム監督=CJの前身であるG.O時代、外部からうちのチームの雰囲気がカタいと言われたが、実際は内部ではチームメイト間の仲が非常に良かった。古株の選手たちが一挙に軍隊へ入隊しぽっかり穴があいてしまったが、今いる選手たちが自分の役目をしっかり果たしチームの戦力向上に大きく貢献した。現在CJは2軍の宿舎を運営中だ。学校の部活では合宿を行っていない状況で、すぐに宿舎へ合流すると適応するのが大変だが、2軍の宿舎を経験すれば、選手たちの成長に大きく役に立つ。今日は出場しなかったが、下で助けてくれる2軍の選手たちがいたから、今の1軍の選手たちがいるのだ。

-いろいろな思いがあると思うが。
▲チョギュナム監督=最初に始まるとき、08~09シーズンで選手たちが一生懸命頑張ってくれたから自信があった。競技をしても、責めることができないほど一生懸命やってくれたし、競技も悪くなかった。このような経験を積めばウィナーズリーグでいい成績が出るだろうと思っていたが、本当に現実になった。信じてついてきてくれた選手たちにありがとうと言いたい。一生懸命努力していたから、ペースが落ちずに今回優勝できた。今回の優勝をきっかけに、第4ラウンドではもっと強いチームにしたい。今日の経験がもっと大きなステージで役に立つと確信しているので、必ず広安里(クァンアルリ)決勝に進出したい。

-勝ち抜き戦方式についてどのように考えているか。スター選手中心に出場するという指摘があるが。
▲チョギュナム監督=とりあえず第3ラウンドで一番大きく恵まれたので、個人的にはウィナーズリーグが愛しい(笑) 今回08~09シーズンの企画においてファンに楽しんでもらうためにと悩んだ結果、勝ち抜き戦方式のリーグを採択したと聞いているが、新人を育成する部分については考え方の違いにかかっていると思う。勝ち抜き戦のいちばん大きな長所でもあり短所でもあるのは、選手個人の基本的な実力が非常に優れていなければ勝てないということだ。うちのチームの選手たちは、基本的な実力が優れているのでうまくいった。以前と同じように今回も、雰囲気を変えるための起爆剤になるだろう。

-4、5ラウンドで注目している選手がいるか。
▲チョギュナム監督=監督なので選手を愛するのは当然だ。4月に宿舎を移転する予定だが、この機会にいろいろ改変を考えている。1、2軍と練習生すべて捨てる選手がひとりもいないのがうれしい悩みだ。今回出場した選手以外にも、みんな頭角を現してきていてうれしく思っている。第4ラウンドで新しく起用する選手がいるのは明確だ。あえて言うなら、ザーグのシンドンウォン[hydra]選手とプロトスのチャンユンチョル[snow]選手を念頭に置いている。一生懸命頑張れば、第4ラウンドでも出場機会を得られるだろう。

-(キムドンウコーチへ)優勝の感想と、選手たちがどれぐらい準備したのか気になるが。
▲キムドンウコーチ=監督は1位をたくさん経験なさっているが、僕は2位ばかり経験してきたと思う(笑) 今日はじめて1位になってうれしい。今回で満足せず、統合ポストシーズンでもう一度優勝してこの気分を味わいたい。うちの選手たちはこれまで毎回決勝戦を戦いながら、一生懸命やったのかと聞く必要がないほどベストを尽くした。本当に優勝したくて努力してきたが、2回の挫折の末ついに優勝した。すべてのチームの中でいちばん一生懸命やったから優勝できたと思う。

-最後にひとこと。
▲チョギュナム監督=ウィナーズリーグ優勝を起点にさらに努力するつもりだし、第4ラウンドでは油断せず一生懸命頑張って、最終目標である広安里(クァンアルリ)でもファンの望む優勝をしてみせる。

情報元・・・FOMOS

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.