Connect with us

Hi, what are you looking for?

GomTV League

イジェドン[Jaedong]、「キムテギョン[Bisu]と再び対戦して、ファンの期待に応えたい」

注目のマッチで勝利できて気分がいい

jaedong winning 10,000,000won

1日、新亭洞GOM TVスタジオで開かれた『GOM TV SPECIAL MATCH』で、Hwaseungのイジェドン[Jaedong](Z)がSK Telecomのキムテギョン[Bisu](P)を3:2で破り、最強者の姿を誇示した。

次はイジェドンとの一問一答。


-キムテギョンとのスペシャルマッチで優勝した感想は。
▲とにかく気分がとてもいい。多くの人に注目されていたマッチで最後の勝者になれてうれしいが、競技力面では自分としては不満な点が多く、これから行われる他の競技ではもっと発展した姿を見せなければならないと思う。

-昨日のプロリーグで敗れたことは、影響を及ぼさなかったのか。
▲あの敗北の影響は受けなかった。あの競技の敗因は自分でもよく分かっているので、ミスだけはしないようにしようと思ったし、今日は競技のみに集中できた。

-今日の競技はどうだったか。
jaedong▲準備をたくさんした。練習のときも勝率がとても良かったし、競技力で圧倒的に勝てるという自信があったが、いざゲームが始まったら「今俺は何をやっているんだ」と思ってしまうようなプレイが出たりもした。準備したものとは違うプレイをしたりもした。

-第1セットは敗北という形でスタートしたが。
▲第1セットは勝っても負けてもどっちでもいいと思った。第1セットでは中盤で勝負がついたのでGG宣言をしてもよかったが、相手の動きをチェックするために最後まで喰らいついてみた。実際、それによって自信を持つことができた。

-最終セットは比較的楽に勝ったが。
▲僕のスタイル自体が、隙を見つけたら逃さないようにするスタイルだ。キムテギョン選手は技術的なゲームメイクをするのが非常に上手いので、序盤に弱点がある。隙を見つけてザーグリングが入り込んだら、ネクサスが召喚されていて1ゲートであることが確認できたので、自分が勝ったと思った。

-勝利の要因は。
▲ゲーム中、細かいことに気を使った。負けていても臆病なプレイをするより度胸のあるプレイをしようとしたし、それがうまく通用したと思う。気勢で全く負けていなかったので、勝利できたんだと思う。

-優勝したのに、それほどうれしそうな表情は見られなかったが。
▲優勝するにはしたが、恥ずかしいと思う部分があった。今回はただ、キムテギョン選手より少し運がよかったがために優勝できたんだと思う。あと、最終セットがあっさり終わってしまって、実感がわかなかったという部分もあった。

-多戦制において重要な第1セットで、負けることが多い方だが。
▲第1セットで負けることが僕にとっては、もっと頑張ろうというきっかけになっている。相手のコンディションや僕の動きを把握することに力を注ぎ、心理的な部分に気を使いながらゲームするようになるようだ。

-‘李双(リッサン)’と呼ばれるイヨンホ[Flash]ともライバルという感じだが、キムテギョンとイヨンホ、どちらが上手いと思うか。
▲二人ともとても上手いと思う。どちらが上手いとは言えないと思う。その日のコンディションや戦略などに左右される。でも僕はその中で、自分がいちばん上手くなりたいという気持ちが強いので、僕がいちばん上手くならねばという気持ちだ。

-‘六龍(ユンヨン)’の中で誰がいちばん上手いと思うか。
▲やっぱりキムテギョン選手がいちばん上手いと思う。正直に言うと、練習ではプロトスにはほとんど負けない。ちょっと大げさに言うと、放送ではプロトスに対して僕の実力の50%も見せることができていないと思う。キムテギョン選手とやると、ザーグをよく理解しているなあと思うし、それがキムテギョン選手がザーグ戦に強い秘訣ではないかと思う。

-ザーグを代表して言いたいことは。
▲ザーグの中ではいい成績を出している方だが、放送競技ではあまり出てこないだけで上手いザーグが多いと思うので、ザーグを代表して言うには自分はまだまだ及ばない。

-言いたいことがあるなら。
▲今いちばん獲りたいのがスターリーグだ。プロリーグはこれまでよくやってきたし、今までどおりにやりさえすれば、最多勝にも自信があるし、問題はないと思う。その間にスターリーグの予選で落ちて、他の選手たちを見て感じたことがいろいろある。今再び情熱を燃やしているし、絶対に逃してはいけないという気持ちで準備している。

-ファンに向けてひとこと。
▲キムテギョン選手と初の多戦制を勝利で飾ったが、他のリーグでキムテギョン選手と再び対戦して、ファンの期待に応える競技がしたい。これから何度も対戦するような気がするし、ファンの皆さんも期待してくれるといい。それから、GOM TVで最強者になれて、本当にうれしい。

情報元・・・FOMOS

3 Comments

3 Comments

  1. issey

    2009年3月5日 at 7:23 AM

    途中でBisuの会話も入ったと思うのですが
    Bisuはなんて言ってたか元ソースにのってたりしますか ( ´・  ω ・`     )

  2. shuiniao

    2009年3月5日 at 7:45 PM

    この記事は、競技終了後に控え室で行われたイジェドン選手の単独インタビューの翻訳です。
    途中で入ったBisu選手の会話というのは、おそらく競技終了直後にステージ上で行われたインタビューのことですよね?
    もちろん元ソースにはないのでもう一度見直してみたところ、最終セットについて「スパウニングプールを早く建設するオーダーだったので、自分が有利だと思った。でもザーグリングの乱入時に入り口を開けてしまったのが大きかったと思う」と話していました。またJaedong選手について「ゲームの最中、とてもうまい選手だと感じた。これからも他の大会で対戦したら、面白い競技ができると思う」と話していました。

  3. issey

    2009年3月5日 at 8:42 PM

    ああ、わざわざ見直してくれたんですかw
    ありがとうございます(〃▽〃)
    きになってたので感謝します

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.