Connect with us

Hi, what are you looking for?

ProLeague

新韓銀行ウィナーズリーグ08~09 17日からスタート

shinhanbank winners league

15日(木)、第1週目先鋒発表予定

正規シーズン初の7戦4先勝制と勝ち抜き戦方式が適用される『新韓銀行ウィナーズリーグ08~09』は、7週間の正規シーズンと準プレーオフ、プレーオフ、決勝戦が別途に行われる予定であり、準プレーオフからの成績は正規シーズンに合算しない方針だ。『新韓銀行ウィナーズリーグ08~09』に関連して変更される事項は次のとおりだ。

1.正規シーズン初の7戦4先勝制&勝ち抜き戦方式復活

1月17日(土)から始まる『新韓銀行プロリーグ08~09』の第3ラウンドは、正規シーズン初の7戦4先勝制、勝ち抜き戦方式で行われる。勝ち抜き戦方式は、勝利を収めた選手が続けて競技を行えるだけあって、強力な1~2名のエースを保有するチームが跳躍するきっかけになると予想される。また、eスポーツファンにより多くの楽しみを提供するため特別に、ベスト4プレーオフを通じてラウンド優勝チームを決めることとなった。第3ラウンド『新韓銀行ウィナーズリーグ08~09』優勝チームには、別途に優勝賞金1,000万ウォンが授与される。

2.競技時間調整 週末と水曜日は午後1時、月火は午後6時

7戦4先勝制によるセット数の増加と両放送局の個人リーグの日程を考慮し、プロリーグの競技開始時間が調整される。現行午後6時30分に開始されている月曜日と火曜日は30分早い午後6時から、現行午後2時に開始されている土曜日、日曜日および水曜日の競技は午後1時にそれぞれ時間が変更された。変更された時間はウィナーズリーグのみ適用され、第4ラウンド開始からは再び午後2時と午後6時30分に開始される予定だ。

3.エントリー予告は先鋒のみ48時間前に発表

これまでどおりエントリーは、毎週土曜日の競技の48時間前である木曜日午後1時に発表される方針だ。しかし勝ち抜き戦の特性に合わせ、先鋒の選手(第1セット出場選手)のみ発表される予定で、残りのエントリーは会場にて、毎セット終了直後1分以内に提出することになっている。また第3ラウンドでは選手の名称を先鋒(第1セット出場)、次鋒(先鋒が負けたとき出場)、中堅(次鋒が負けたとき出場)、大将(中堅が負けたとき出場、最後の選手)と呼ぶこととした。

4.セッティング5分ルール適用

選手たちの競技準備のための時間を規定した5分ルールも適用される。各選手は第1セット開始に先立ち5分間でセッティングを完了させ、その後は負けたチームから次の選手が出てきて観客へ挨拶した後、ブースで5分間セッティングをして競技を行うこととした。

5.ネオレクイエムは外され、タウクロスへ変更

『新韓銀行ウィナーズリーグ08~09』の公式マップは、既存の第2ラウンドで使用された公式マップからネオレクイエムのみタウクロスへ変更され、残りのマップはそのまま使われる。ネオレクイエムはテランの出場がほとんどなく特定種族の出場が増え、マップバランスの問題が提起されており、第3ラウンド全体のマップ構成コンセプトと合わないという意見が多く、変更された。第3ラウンドで再び使用されるタウクロスは、『SKYプロリーグ2006』後期リーグおよび『新韓銀行プロリーグ2007』前期リーグで使用されていた公式マップで、3人用開放型マップだ。使用されていた当時も、3種族間のバランスと物量戦中心の盛り上がる競技で好評を得ていたマップであるだけに、第3ラウンドでも多くの面白い競技を見せてくれるだろうと期待されている。

情報元・・・FOMOS

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.