Connect with us

Hi, what are you looking for?

e-Sports

Hanbit Stars、Item maniaで新しい出発

Hanbit Softゲームチーム売却基本手続き完了

Hanbit Stars

㈱Hanbit Soft(代表キムギヨン)は7年間運営してきたプロゲームチームであるHanbit Starsを、9月末ナスダック上場を控えた㈱Item mania(代表イジョンフン)に売却する契約を締結したと31日明らかにした。
Hanbitは2001年5月に創立された名門チームで、名将イジェギュン監督の指揮の下、プロリーグ初年度グランドファイナルで大逆転劇を演出して優勝したのみならず、キムドンス[GarimTo](P)、カンドギョン[H.O.T-Forever](Z)、ナドヒョン[Silent_Control](T)、キムジュニョン[GGPlay](Z)など傑出したスターを輩出した。
Item mania側は今回の買収が「ゲーム関連事業を中心としているItem maniaが、持続的な韓国ゲーム産業と社会貢献活動をするための第一歩を歩みはじめたのみならず、今後の産業拡大にも寄与するだろうという期待で叶ったもの」と明らかにした。
Hanbit Softのキムギヨン代表は「会社の買収後すぐに Hanbit Starsを解散することは道義的に適切ではないと判断したので、今回のシーズンまでは運営しながら買収企業を物色してきた」といい「ゲームチーム所属監督と選手、そして何よりもeスポーツ産業の持続的な発展のため関心と投資意思のあるところへ売却でき、よかったと思っている」と述べた。
Item maniaのイジョンフン代表は、「会社の主要顧客であるゲーマーたちと共に韓国ゲーム産業とeスポーツの発展に一役買いたいというのがItem maniaの企業精神と意思であり、これに相応しHanbit Starsが過去の栄光を取り戻せるように、惜しみなく投資を続けたい」とし「eスポーツの象徴と言えるHanbit Starsを買収することになりうれしく思っている」と感想を述べた。
Item maniaは8月1日が会社設立6周年でもある企業として、ゲームアイテム電子商取引事業が主たる事業で、最近公開サービスを始め同時接続者数が訳8千名に至るMMORPG『Champagne mania』の正式サービス(部分有料化モデル)を目前に控えている会社でもある。
Item maniaはこれを皮切りに、今後韓国オンラインゲームのグローバルゲームパブリッシャーとして前進しようとしていることを表明しており、ゲームチーム創立式が予定されている9月にはナスダック上場を控えていることを明らかにした。チーム創立式に先立ち、グローバルな企業イメージにふさわしい会社のブランドネーム(企業CI)について個人公募賞金3千万ウォンをかけ、会社ホームページ(www.itemmania.co.kr)で8月末まで行われている。
一方今回の買収契約には、イジェギュン監督と既存選手の雇用承継および債権債務の引き受けも含まれていることが分かっている。
情報元・・・FOMOS

1 Comment

1 Comment

  1. negitaku.org

    2008年8月7日 at 2:21 PM

    プロゲームチーム Hanbit Stars 買収騒動 | negitaku.org

    先日、韓国 Starcraft のプロゲームチーム Hanbit Stars を運営している(株) Hanbit Soft がチーム運営放棄を決定し、(株) Item mania がこれを買収するとの発表がありました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Trending

You May Also Like

Copyright © 2020 ZoxPress Theme. Theme by MVP Themes, powered by WordPress.